fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

所詮は隠ぺいの手段に過ぎない

「安置のため」と無罪訴える 死産の双子を「遺棄」、最高裁で弁論


熊本県の自宅で死産した双子の遺体を段ボール箱に入れるなどして遺棄したとして、死体遺棄罪に問われたベトナム国籍の元技能実習生レー・ティ・トゥイ・リン被告(24)の上告審で、最高裁第二小法廷(草野耕一裁判長)は24日、検察側、弁護側双方の意見を聞く弁論を開いた。弁護側は「安置のための行動」と改めて無罪を主張し、結審した。判決日は追って指定される。

【写真】最高裁での弁論を傍聴した後に会見するレー・ティ・トゥイ・リン被告=2023年2月24日午後4時42分、東京・霞が関、吉田啓撮影

 弁論は二審判決を変えるのに必要な手続きで、被告を懲役3カ月執行猶予2年とした二審の判断が見直される可能性がある。

 昨年1月の二審・福岡高裁判決によると、リン被告は技能実習生として熊本県内の農園で働いていた2020年11月、自宅で双子の男児を死産した。遺体はタオルに包んで部屋にあった段ボール箱に入れ、双子につけた名前やおわびの言葉を書いた手紙も入れた。箱はさらに別の段ボール箱に入れて封をし、自室の棚に置いた。翌日には死産を医師に明かした。



妊娠を隠ぺいし、あまつさえ死産をも隠ぺいする意図があったからこそ、死産を迅速に届ける事を怠って、後になってそれが発覚したからこそ、苦し紛れの手段として安置などと詭弁を吐いたのです。
所詮は、自身が日本に居続けられるかどうかの瀬戸際の中で行わたれのに過ぎず、そのような行為を認めてはいけません。



クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



<< 日常茶飯・追加7 | ホーム | ロシア解体指令 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP