FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

週間アジア第32号


最近はアジアねたがさっぱりでして、今回紹介するもので「週間アジア」はついにねたのストック切れになってしまいました。かつては、先月、先々月のものを紹介するなんてことは良くあったんですが、なんと表現してよいやら。(;´∀`)ァァァ

戦勝像も汚職の種

5月にそのニュースが飛び込んできたとき、多くの住民は驚きながらも、「やっぱりそうだったのか」と得心したという。

旗をかかげ、銃を抱える兵士、喜びを表する子供・・・。町を一望できる高台に立ち高さ12メートルの巨大な銅像は戦勝50年を記念して、04年4月に除幕された。この建設をめぐり、役人と業者ら7人が汚職容疑で逮捕された。完成直後から土台が崩れたり、さびや色あせが異様な速さで進んでいたりしていた。

総工費6億円。220トンの純銅を使うはずが、60トン不足していたという。業者は純銅を使わず、スクラップ金属を混入していたと報道されている。牛肉偽装ならぬ銅像偽装だ。

汚職の多さで悪名をはせるベトナムとはいえ、民族の誇りの記念像まで。「一丸となって勝利したディエンビエンフー精神は遠い昔のことになった。戦争が終わってから、人の心は悪くなるばかりだ」。元兵士の老人ははき捨てるように言った。(引用ここまで。7月24日分)

戦争が終わって心が廃れるのは勝ち負けを問わずなのでしょうか。とはいえ、この出来事が北朝鮮でなくて良かったと思うのは自分だけですかな。独裁体制とはいえない状態のベトナムだから、この程度で済んだのであって、かの国ならば、件の糞将軍によって厳しい制裁が課せられることでしょうな。( ゚д゚)、ペッ

李さん、柳さん、大喜

漢字語とにひとつに決められてきた一部の姓のハングル表記について、韓国大法院がいくつかの例外を認める方針を示した。本来の読みが「リ」なのに表記上は「イ」を強いられてきた一部の李さんも、堂々と「リ」を使えるようになる。

1996年から戸籍には漢字語とに決まった表記しか認めない規定ができた。だが、違う読みを使ってきた人から不満が多く、大法院は「使い慣れた表記を認めないのは人権侵害」と判断した。先祖伝来「リュ」を名乗ってきたのに「ユ」を強制された柳さん、「ラ」なのに「ナ」しかつかえなかった羅さんらも、歓迎一色だ。(引用ここまで。7月31日分)

1通りの読み方しか認めない割には、ローマ字表記は何ですかねぇ。ハングル読みとの整合性がなっていないじゃないですか。李さんを「イ」と読ませるくせに、なんでまた「Lee」なんですかねぇ。この辺が良くわからんです。

こんないい加減なことで、一方では、KoreaとCoreaの違いにこだわって、前者であるのは日本のせいだなんていえた義理ですかねぇ。( ゚д゚)、ペッ

ちなみに李さんの「イ」ですがねえ。自分は出し抜けに「イ」の発音で始められると、その後に数字が続くんじゃないかと思うことがあります。なぜかって? 昔の日本の潜水艦は、艦の大きさに応じて、「イ」、「ロ」、「ハ」の3通りに分かれていて、その後にドイツ潜水艦同様、数字を付けて艦名としていたからですよ。

幸運「セブンちゃん」

バンコクで07年7月7日、病院に向かう途中の母親がタクシーの中で女児を出産した。

このタクシーのナンバーが「7777」で、運ばれた病院が用意した部屋は7階の707号室。おまけに運んだ運転手はタクシー乗務歴7年目だった。

「7づくし」の偶然に、両親が女児に付けたニックネームは「セブンちゃん」。メディアで報道されると、両親のもとには「なんてラッキーな」との反響が続々。宝くじで下2桁「77」を買い求める人が相次ぎ、ある専門学校は女児に70万バーツ(約240万円)の奨学金提供を申し出た。(引用ここまで。8月21日分)

江戸時代の日本ならば、ラッキーナンバーといえば、末広がりということで8でした。7がラッキーナンバーという考えが広まったのは欧米の影響でしょうか。まあ、ここまで7がよくも続いたものですな。(;゚Д゚)スゲエ もし、これが6だったら「オーメン」という不気味なことのようで・・・。ヽ(゚∀。)ノウェ



(^0^)/^^^^^ 次回の「週刊アジア」お楽しみにー。クリックお願いします。            <(_ _)>  

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< ユーゴスラヴィア映画の怪 | ホーム | 中国とんでもウォッチング④ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP