FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フランス住むならフランス語学べ


( ゚∀゚)ノィョ―ゥ みなさんこんにちは。本日は休みでありながら、あいにくの曇天です。何でまた、休みに限って曇りになるんだい!(#`ε´#) 次の休みにはようやく晴天が拝めるようですが・・・。そのときまでの辛抱で、今日はブログの更新をいたしましょう。

昨年の秋以来、「西洋軍歌蒐集館」などのサイトを発見して、おかげさまで、収録したテープの数は急増しています。最近では「ようつべ」こと「You Tube」からもいろいろ音楽を拾ってくることが出来まして、ドイツ語音楽の枯渇も遠のいておりますが、その中でもいろいろ変わったものを発見することが出来ます。


という、ドイツ連邦共和国国歌のトルコ版がありました。音楽だけイスラム風に差し替えて、それに合わせて、従来の歌詞を歌うというものであります。(゚∀゚)イイ!

ドイツに住む外国人といえば、トルコ人が多いということは良く知られていますが、さすがトルコだなぁと思いました。どっかの糞民賊とはえらい違いでありますな。

 

では、本題といたしまして、タイトルにもありますように、フランスをネタに入ります。始まり始まりー。ヾ(〃^∇^)ノ

 

移民規制が強まるフランスで、日本企業の駐在員や家族が滞在許可の申請に当たり、長時間のフランス語学習を義務付けられる例が最近相次いでいる。海外業務や対仏投資を妨げかねないとして、日本貿易振興機構(ジェトロ)などが仏政府に改善を要請。駐仏日本大使もオルトフー移民相らに「直訴」した。

剤仏日本商工会議所によると、仏語学習を義務付けられる事例は3月ごろから増加。ある日本人駐在員は年間200時間、仏語教室に通うよう命じられ、毎週末を勉強に費やす。年400時間の仏語学習を命じられた日本人もいる。

フランスは昨年6月、「フランスの価値や文化、言葉を共有しないものは受け入れない」と主張する当時のサルコジ内相(現大統領)の音頭で移民法を改正。長期滞在ビザの申請者に、仏社会への同化を約束する誓約書への署名と仏語習得、社会制度や歴史を学ぶ講習会への出席を義務化。日本人ビジネスマンはそのあおりを受けた格好だ。

どう商工会議所は「定住する移民と、いずれ帰国する駐在員を混同しないでほしい」とこぼす。当初は「特定の国を特別扱いできない」とけんもほろろだった移民受け入れ当局も、外国企業や政府から続出する不満を受けて、「日本を含む外国企業の駐在員は除外する法改正を検討中」としている。(引用ここまで。8月28日分)

 

うーむ、一時的に滞在するだけの、しかも会社の命令で鎮座するに過ぎない駐在員に対するものはやりすぎでしょうが、おおむねフランスの立場としてはこうした政策は正論でしょうな。フランスがフランスでありつづけるためには、新たに入ってくるものに対して、フランスの流儀というものを叩き込むのは当然といえましょう。フランス人になりきらない者にフランス人たる資格なし! 当然でありますな。

移民といえば、自分の意思で勝手にやってくるのですから、少なくとも、その点は理解しなくてはいけません。「多文化共生」などとは一見聞こえは良いですが、すでによその文化が定着しているところに自分の文化を持ち込むことであるわけですから、持ち込む側は、そうした既存の文化との摩擦が生じないように気をつけるべきであります。

こんなことを当ブログで取り上げたのは、日本もサルコジさんの政策を見習うべきだということであります。日本は往々にして「多文化共生」の美名の下に外国人におもねってはいないでしょうか。てめえの勝手でやってきながら「コトバワカラナイ」だぁ? ふざけんな! そういう外国人には出て行ってもらうべきです。ちゃんと日本の秩序を遵守するという前提があってこそ、日本への鎮座が容認されるということを忘れてはいけません。

とくに、前書きにも取り上げた「糞民賊」の場合はとくにこの点は強調されるべきでありましょう!



いちいち外国におもねってまで国際化する必要はなし! (#゚ 皿゚ )凸

クリックお願いします。 <(_ _)>  

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 抵抗運動礼賛の功罪② | ホーム | 中国とんでもウォッチング⑤ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP