FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

任意加入規定は合憲


国民年金が任意加入だった学生時代に重い障害を負った元学生が、未加入を理由に障害基礎年金を不支給とした処分の取り消しと、損害賠償を国に求めた「学生無年金障害者訴訟」の上告審で、最高裁第二小法廷(津野修裁判長)は28日、元学生側の主張を退ける判決を言い渡した。不支給の根拠となった国民年金法の規定は立法上の裁量の範囲内で合憲と判断。元学生の敗訴が確定した。

学生無年金障害者の訴訟は01年に全国9地裁で起こされ、3地裁で国民年金法の規定を意見とする判決が出た。この日は東京、新潟両地裁に提訴した元学生計5人についての2判決が言い渡され、内容はほぼ同じ。一連の訴訟で最高裁の判断が示されたのは初めてで、ほかの訴訟にも影響を及ぼすことになる。

学生の国民年金が強制加入となったのは91年から。元学生側は、障害基礎年金が支給されないのは20歳以上の学生に国民年金加入を強制しなかった国会の不作為が原因だなどと主張した。

判決で第二小法廷は、国が20歳以上の学生を任意加入にしていた背景として①学生は収入がなく、保険料は親などの負担となる②学生が重い障害を追う確率は一般的に低いといった事情を列挙した。

これらを踏まえて「憲法第25条の生存権を実現するための立法は国会の広い裁量にゆだねられ、著しく合理性を欠くような場合を除いて裁判所の判断に適しない」とする最高裁大法廷の判例を踏襲。「任意加入としたことは著しく不合理といえず不当な差別的取り扱いが合ったともいえない」として25条にも「法の下の平等」を保障した14条にも反しないと結論付けた。

この日の2訴訟では一審・東京地裁が「85年の改正で20歳以上の学生について何の措置もしなかったのは違憲」として3人に500万円ずつ、新潟地裁にも「区別は不合理」として2人に700万円ずつ、それぞれ支払うよう国に命じた。両訴訟とも二審・東京高裁で逆転敗訴し、元学生側が上告していた。

厚生労働省によると学生無年金者は全国に約4000人。04年に救済措置として特定障害者給付金支給法が制定され、障害の程度によって月額4万ないし5万円を支給する制度が05年4月から始まった。しかし、障害基礎年金(1級で月額約8万2500円、2級で約6万6000円)に比べて額が6割程度で、元学生らは是正を求めている。

「学生無年金障害者訴訟」の最高裁判決を受けて、提訴した元学生らは東京・霞ヶ関で代理人弁護士らとともに記者会見し、「長期にわたって学生無年金障害者を放置してきた国の無為無策を追認し、基本的人権を保障する最高裁の役割を放棄した判決で、きわめて遺憾だ」などと批判した。

東京訴訟の原告の1人、福島敏彦さんは「最後の砦と思っていた最高裁で退けられて無念でたまらない」。新潟訴訟原告の遁所直樹さんも「理不尽な理由で苦しむわたしたちの声を耳に傾けてくれなかった」と話した。(引用ここまで。9月29日分)

はっきりいってなんですかねぇ。

>20歳以上の学生に国民年金加入を強制しなかった国会の不作為が原因

だったら、親に頼んで入っとけよ。この辺のところの負担に関しては、親任せになると思いますが、就業後に返済するという選択もありますよ。そういうこともしないで、いざもらえる可能性が生じたときになって、国のせいだなんて、よく言えたものですねぇ。こういうのを責任転嫁というのですよ。

こんなわがままが通ろうものならば、後々、何かほかの事で、任意にしておいたもので不利益をこうむった者が、強制にしなかった国のせいと主張するものが続出することでしょう。

任意のときに保険料を払う選択をしなかったんですから、後々、救済する制度があったこと自体を感謝すべきなのに、払った人と同様の支給をすべしなどとはずうずうしいですよ。

逆の場合でも、国の強制けしからんといきまく例がいろいろありますねぇ。こんなことで、強制をしてくれなどは虫が良すぎるですよ。


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

クリックお願いします。 <(_ _)>  
スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

<< 週間アジア第35号 | ホーム | 三枝の笑ウインドウ⑩ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP