fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

その存在に気付いたとしても、めったに行き来する事はない

「宇宙人」は存在するが、地球に攻めてはこない…天才物理学者がそう断言する「マルチバース」という最新理論


宇宙人は本当に存在するのか。カリフォルニア大学バークレー校教授の野村泰紀さんは「物理学のマルチバース理論(多元宇宙論)では、宇宙は1つだけではなく複数存在していると考える。そのため、『我々の宇宙』の外にある『別の宇宙』にも、なんらかの生命体がいると考えるのが自然だろう」という――。

【図表】宇宙の構造はどこまでいっても「観測的にほぼ一様」

 ※本稿は、野村泰紀『多元宇宙論集中講義』(扶桑社新書)の一部を再編集したものです。

■「宇宙の果て」には一体何があるのか

 「マルチバース」とは、単純に言えば、「我々が宇宙だと思っていたものが、宇宙のすべてではなかった」という話です。

 ただ、その話をするには、そもそも我々が何を「宇宙だと思っていた」のかをはっきりさせなくてはいけません。このように言葉の意味をはっきりと定義するというのは、科学の話をするときにはとても大切なことです。

 例えば宇宙をどんどん進んで行って、最後に「果て」みたいなものがあったとしましょう。そしてその先にはなにか緑色のゼリーみたいなものが広がっていたとします。これをもって、宇宙の果ての外側は「緑色のゼリーだった」と言うことはできるかもしれません。しかし、もしもその緑色のゼリーも含めて「宇宙」と呼ぶことにすれば、言葉の定義からして宇宙の「果て」も「外」もなくなってしまいます。

■地球は広大な宇宙の中のちっぽけな存在

 また、宇宙が複数、例えば2つ、3つあります、という話にしたって、その2つあるもの、3つあるものをすべてひっくるめて「宇宙」と呼ぶのだとしたら、これまた言葉の定義からして宇宙は一つしかないということになります。だとすれば、宇宙がたくさんあるという意味のマルチバースという言葉自体、意味を成さなくなってしまうでしょう。

 だから、何をもって「宇宙」とするのかを、まずは決めておく必要があるのです。

 我々の住む地球という星が、太陽系にある数ある惑星のうちの一つにすぎないことは、コペルニクスやガリレイの時代から知られています。そして、その中心にある太陽も銀河系にある無数の恒星のうちの一つにすぎず、それどころか、その銀河系も数多く存在する銀河系の中の一つでしかなく、それがたくさん集まった銀河団さえも一つではないことも、20世紀の初頭にはわかっていました。



まさしくそうでしょう。地球の中においてすら、太古の時代であれば、移動に要する能力は今と比較にならないほど小さいのであれば、隣の国ですら、当時の感覚でははるかかなたの銀河のような存在だった事でしょう。
そんなはるかかなたの所では、その存在に気付く事すらないのがほとんどでして、よしんばその存在に気付いたとしても、そこまで行くほどの価値があるか、と言う点ではかなりハードルが高くなる事もまたしかりと言う物です。



クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< そのように感じる日本人が増えている | ホーム | 英語でしりとり⑳ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP