FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

自衛のために放し飼いの犬の射殺許可を

郵便配達員ご難 飼い犬がぶりっ! 米で昨年5800件超

【ニューヨーク=黒沢潤】米国の郵便配達員が2012年、各家庭に郵便物を配達しようとした際、家周辺で首輪につながれていない飼い犬に咬まれて重軽傷を負ったケースが5879件にも達し、米社会に衝撃を与えている。

 都市別でみると、ワーストワンは西部ロサンゼルスで69件。2位は南部サンアントニオ、北西部シアトルでともに42件。11年も1位がロサンゼルス、2位が南西部サンディエゴ、3位が南部ヒューストンと温暖な都市での攻撃例が目立つ。

 好天の日が多いため、飼い主が家の周辺で、犬に首輪も付けずに放し飼いにしておくことが理由とみられる。郵便当局は特定の犬種ではなく、「飼い主の無責任さ」を強く批判している。

 ロイター通信によれば、各世帯が加入する各種保険の支払い請求件数のうち、犬が咬んだことによる支払い請求が3分の1以上を占めるという。

 ロサンゼルス近郊では今月に入り、路上を歩いていた63歳の女性が、4匹の放し飼いのピットブルに咬み殺される事件も発生。犬には必ず首輪を付けるなど、飼い主のマナー改善を求める声が強まっている。


NHK放送の「タイムスクープハンター」では、我が国では明治初期の郵便配達には、今ほど治安がよろしくない所から、配達員には勤務中に限って拳銃を貸与して、護身用にしたと言う話がありました。
アメリカの場合、これだけ配達状況がひどいのであれば、アメリカらしく、拳銃を携行させて、放し飼いの犬は撃ち殺してもれっきとした自衛行為だとしてもいいんじゃないですかな。
そもそも、なんで犬の「射程内」にまで入って配達せねばならんのか。同業者としては同情に堪えません。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 王様じゃんけんのように最下位転落じゃなくて良かったじゃないか | ホーム | そもそもその部隊の名称からして怪しいと言うのだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP