FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

旅の恥はかき捨てが過ぎる

<レコチャ広場>まだまだあるぞ!中国人観光客の10大悪行、泣かされるエジプトのガイド―中国

2013年5月27日、海外在住の中国人コラムニスト・那小兵(ナー・シャオビン)氏は「エジプトのガイドが泣いて訴える中国人観光客の10大悪行」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。以下はその内容。

エジプトの神殿に中国人観光客が落書きをしたことが世間を騒がせている。日頃から中国人観光客のエジプトツアーに同行しているオランダ国籍のガイドが泣いて訴える中国人観光客の10大悪行なるものを紹介しよう。これは決して「中国の特色ある社会主義」によるものではないことをお忘れなく。(以下略。詳細はリンクより)



もし、これが「中国の特色ある社会主義」による物であるのならば、国策として、少なからず海外旅行は制約されていたことでしょう。北朝鮮などは徹底的に国家を強制収容所状態にしているため、海外旅行などはなからべからざる事としています。旅行にかこつけて国外逃亡と言う可能性がある国ならば当然の発想ですな。
しかし中国の場合は、むしろ人が多すぎる物だから、国家からして余り者の厄介払いをしているような有様となれば、格別、海外旅行に制約を掛ける必要もない訳です。
さようなある種の自由が大々的に認められた状態にあるがために、そこには中国人の性と言う奴が露骨に出ていると言うべきです。
国家の国民に対する制約は国内でこそ行われているとは言え、それですら、けっこうはちゃめちゃな所がありまして、そうした制約すらない外国においては、無法状態に至ったと言う事なのでしょう。
国内だに順法精神に欠けているありさまでどうして外国の法律なんぞを遵守しようと心掛けるでしょうか。
それは別としても、この悪行を見るにつけて、こんな有様ではなんか無理に来なくても良さそうだと言う気にもなるし、そもそもかような無法悪行をやるくらいならば、歓迎なんかできませんよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< 大学で何を学んでいるの? | ホーム | 非陸軍地上部隊の悲喜劇① >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP