FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「平和憲法」を最も尊重しないくせにこだわり過ぎる

日本社会の右傾化、世界の平和安定の脅威に

日本の極右団体は22日に東京・名古屋・北海道などで反韓デモを行い、右翼思想を宣伝し、排外的なムードを煽り立てた。このような右寄りの行為は白眼視されているが、安倍政権はこれを見て見ぬふりし、黙許・放任の態度を取っている。日本政府も含め、日本社会全体が「右に倣え」をし、平和主義からますます離れており、世界の平和安定を損ねようとしている。これは軽視できない懸念すべき現象だ。

日本の第二次世界大戦の無条件降伏の産物、世界の反ファシズム連盟の勝利の成果である平和憲法は、日本の軍国主義の抑制を立脚点としている。日本は憲法第9条の中で国際社会に対して、戦争放棄・戦力不保持・交戦権否認を宣言した。この宣言は日本が戦後、国際社会に復帰する重要な礎となった。

しかし安倍首相の就任以来、日本の戦後の平和憲法が、かつてない脅威に直面している。改憲を促し、専守防衛や非核三原則を変更しようと喧伝する声が後を絶たない。安倍政権の再軍備の構想は、今や鳴り物入りの実施段階に入っている。政権与党の自民党は今月さらに、日本は上陸作戦および先制攻撃可能な攻撃能力を発展させるべきだと提案した。一連の動作は、日本の動き出さんとする軍国主義の思潮を反映している。

教科書の改訂、南京大虐殺の否定といった荒唐無稽な行為はさておき、最も代表的な右翼行為は靖国神社の参拝だ。その参拝のすべてが、靖国神社の宣伝する思想と歴史観を認め宣伝し、アジアの被害国の人民を蔑視し傷つけることだ。

靖国神社の参拝が歴史を否定し、戦後国際秩序に挑戦するものだとするならば、日本は平和憲法の改正と戦争権の復活により、アジアの隣国および国際社会から信用されなくなり、アジアひいては世界の平和・安定を脅かすことになる。韓国の尹炳世外相は先ほど、「日本の一部の指導者による歴史の間違った言行が、北東アジアの新たな未来を構築しようとする国に冷水を浴びせた」と批判した。



口を開けば「平和憲法」がどうだらと下らねぇ。国際法ですら、ご都合主義で反故になるケースが珍しくないと言うのに、憲法なんぞはせいぜい国内法でしてかなく、それに対する判断は万事国内だけで行われる物であって、諸外国にとっては与り知らぬ事。小島よしおでしかないのですよ。
だいたいそれがあった所で、いにしえから中国がそれに配慮することなく、ひたすら我が国をののしり続けるだけで、ご都合主義的にそれに縛る事しか考えていない。こんな国相手に「平和憲法」なんてあってなきが如し物ですよ。
世界平和に対する脅威が存在するとしたら、それは中国に他ならないのですよ。いろんな隣接国とトラブるだけにとどまらず、コンゴ動乱の時にはシンバ相手に軍事援助を行って内戦を長引かせた悪しき実績があるのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 朝鮮民族の鑑とはとはこう言う事を言うらしい | ホーム | こう言う教育の甲斐もなく後には日本へ行きたがるんだからな >>


コメント

憲法なんぞはせいぜい国内法でしてかなく
そうだと思う。 GHQの日本縛りが現憲法だな。
日本国民を縛る道具そのもの。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP