FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

知恵の出し合いは中韓だけでやれ

東北アジア近現代史、韓日中が知恵を出し合おう

「韓日中3カ国の歴史学者が共同で“東北アジア近現代史”を編さんして次世代が学べるようにしよう」。

東北アジア歴史財団のソク・トンヨン事務総長の東北アジア歴史葛藤解決法だ。中国の環球時報は24日、ソク総長とのインタビュー内容を1面にわたって掲載して「両国は、これからはパートナー関係だという点を心の中に刻まなければならない」と強調した。環球時報は中国共産党機関紙である人民日報の姉妹紙で、韓国の歴史問題を研究する機関の責任者とインタビューを行ったのは異例のことだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪中を控えて、両国の歴史問題に関する韓国側の意見を聞いて韓中の共感を広げようとする試みとして分析されている。

ソク総長は「韓日中3カ国の経済交流・協力はますます密接になっているが、歴史認識と領土問題で紛争が発生している。これは相手の歴史に対する正確な研究の欠如から始まったこと」を前提にして「国家間の友好の基礎である正しい歴史認識のために3カ国の学者が共同で東北アジア近現代史を研究して本を出し次世代が学べるようにしなければならない」と強調した。特に韓国と中国は、西欧列強の侵略を受けた屈辱の歴史を持っているだけに、“同病相憐”の気持ちでお互いの歴史のわい曲を正そうというものだ。

彼はまた、江陵(カンヌン)端午祭をめぐる韓国と中国の葛藤に関連し、「2005年に世界文化遺産に登録された端午祭は、菖蒲を入れたお湯で頭を洗って無病息災を願い、シルム(韓国式相撲)や仮面劇、ユスラウメの花茶を飲むなどの各種文化行事や風習」としながら「中国はこれを端午節自体についてのものだと誤解して葛藤が生じた」と説明した。

さらに「韓国と中国は互いに文化遺産を尊重するべきで、中国の端午の節句と韓国の江陵端午祭が、韓中両国の文化の相互理解と交流を進める象徴になることを願う」と話した。中国の習近平国家主席が中心になって主張している“中国の夢(中国夢)”に関しては「中華民族の復興を通じて中国の夢が実現されるように願うが、その夢が極端な民族主義に流れなければ良い」という注文もした。ソク事務総長は「中国が大連と烟台で、韓国と中国をつなぐ海底トンネル建設を計画中だと聞いた」として「両国の国民が韓国のKTXと中国の高速鉄道に乗って相互訪問する時代が来れば良い」と話した。




ふん、下らねえ。日本と無関係な所においてすら、純然たる国史でも正確な歴史を把握する事が出来ずに、四苦八苦しているのが韓国の現状じゃないですか。一例を上げれば、朝鮮戦争の中身も正しく把握できていない国民が少なくないとか。
これなんかは、別段日帝36年とは無関係でして、抗日反日と言う日本憎しから離れて検証できる物なのに、そう言う事も出来ていません。
このいくさですらも、日帝36年と結び付けて、日本の侵略戦争だと解釈するやからもいるようでして、ましてや、日韓併合中の時代における歴史に関しても、ひたすら日帝の搾取略奪と決めてかかって、それに反する史料が我が国から出ても、問答無用で日帝の歴史歪曲だと決めつけています。
こんな有様で、我が国の知恵を当てにするとは馬鹿馬鹿しい。どうせ、自国での思い込みを我が国に押し付けるだけならば、知恵の出し合いなんて必要ありません。
共に我が国によってひどい目にあった過去を共有していると決めてかかっているのならば、中国とだけで共同してわが国は蚊帳の外にしてほしいです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 日本を抜きにするなら問題なし | ホーム | 鼻つまみ同士でスワップ拡大だ >>


コメント

知恵を出し合う--- 歴史検証に不似合な表現を平気で使うよなあ。
なんで史料を万遍なく隈なく掘り起こして評価を始めようと言わないのか不思議な人たちだ。
最初からそうしていれば、今頃は、過去が歴史がと言わずに済んだかもしれんのに。
要は、彼らは、そのつもりがなかったんだね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP