FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

得にならなきゃのらりくらり逃げるわな

過去史委の報告書に基づく国家賠償命令、大法院が認めず
朝鮮戦争中の住民虐殺事件
「矛盾があれば調査必要」


1950年末から翌年1月にかけて全羅南道咸平郡で起こった国軍や警察による住民虐殺事件(咸平良民虐殺事件)の被害者の遺族Aさん(64)が国に損害賠償を求めた訴訟で、大法院(最高裁判所に相当)第2部(金竜徳〈キム・ヨンドク〉裁判長)は23日までに、原告一部勝訴とした原審を破棄し、審理を光州高裁に差し戻した。

 咸平で義務警察として勤務していたAさんの父親は、50年に警察に連行され、数カ月後に遺体で発見された。「真実・和解のための過去史整理委員会」は2009年、現場調査や参考人の証言などを基にAさんの父親を虐殺事件の民間人犠牲者と推定し、Aさんはこれを根拠に損害賠償訴訟を起こした。

 裁判所は、過去史整理委員会の調査報告書であっても、内容に矛盾がある場合や事実関係が不明確な場合、これを基に国家賠償を決定してはならないと説明。「Aさんの父親が警察に射殺されたとは推定し難く、過去史整理委員会も故人を犠牲者と『推定』したにすぎないことを踏まえると、証拠調査を経て調査報告書の記載内容を裏付ける必要があった」と指摘した。

尹柱憲(ユン・ジュホン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版




要するに、この件では安易に認めてしまうと自国にとっての負担になってしまいますから、認めたくないのですよ。これが日本とのかかわりであったならば、誣告偽証のような主張であっても、自国にとっての負担にならないから、安易に認めてしまうのです。
まあ、韓国と言えばわいろ大国でもありますからね。ひょっとしたら原告は山吹色のお菓子を用意してこなかったのではないでしょうか。そう言う物がない以上、裁判所としても真面目に付き合ってもうまみがないとして、そっぽを向いているのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< こんな事では観光立国は無理だな | ホーム | 本来なら列車本数を増やすべきだと言うのだが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP