FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

例によって自分らの主張を「世界」とする

日本の右傾化に警戒心を強める世界

日本の第23回参議院選挙の結果が先日公表された。連立政権を組む自民党と公明党が勝利したことで、野党が参議院を押さえる国会の対立構造が解消され、日本の政党政治は与党のみが強大という「55年体制」的特徴を再び呈することとなった。選挙を経てより多くの政治的資源を掌握した安倍政権が日本をどこへ導いていくのかを、世界の人々は注視している。米紙ニューヨーク・タイムズ、独ドイチェ・ヴェレ、英紙フィナンシャル・タイムズ、ロシア紙独立新聞、韓国紙朝鮮日報など各国メディアは日本の今後の行方に対する懸念をそろって表明した。

 「安倍晋三氏は選挙結果を自らの右翼外交政策への支持と見なすべきではない」

 「安倍氏が引き続きナショナリズム路線を歩むのかどうか、日本経済の回復をいかに推進するのか、現在にいたるも疑問だ」

 「安倍氏のイデオロギーの根は、強大な権限を民意から授けられた後、思う存分にナショナリズムを推進するのではと一部の人に不安を抱かせている」

 「安倍氏就任後、自民党の方針は一段と保守化し、ナショナリズム傾向を強めた」

 「安倍氏の憲法改正は、アジア隣国が日本に対して元から抱いていた警戒心と不信感を激化させる可能性が高い」

 こうした様々な懸念には、いずれも現実的根拠がある。安倍氏が昨年末に就任して以来、日本は地域の安全と安定に面倒を引き起こし続けている。領土問題では世界の認める正しい道理をかえりみず、誤った言動を繰り返している。歴史認識を正すことを拒絶し、靖国神社参拝問題などで好き勝手に振る舞っている。憲法改正を積極的に推し進め、戦後体制に終止符を打ち、自衛隊に対する制限を撤廃することを望んでいる。安倍政権の遂行する右傾路線には日本社会全体の右傾化の深まりという背景があるが、反対に日本社会の右傾化を一段と深めてもいる。この相互作用は最終的に日本をどの方向へ導いていくのだろうか?アジア、さらには世界の平和と安定は新たな不確定要素に直面している。



特亜連中は往々にして、我が国が右傾化しているとか言いたてて、早い話が、なんかわが国が世界征服でも企んでいるかのような向う見ずな事を考えているのではないかと言う感覚で我が国を見ているようです。
現実に我が国が国際的に何かしらでトラブっているとすれば特亜連中とせいぜいロシアですが、そのロシアですら、特亜連中ほど目ん玉を吊り上げて、日本に対して警戒心を募らせている訳ではありません。
結局の所、特亜連中は自分らの能なしぶりを吹聴するような物でして、表面上ではそうした能なしぶりを隠ぺいすべく、かように我が国の悪辣さをでっち上げている訳です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 無能願望を最も実践する国 | ホーム | こんな事では観光立国は無理だな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP