FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

無能願望を最も実践する国

【新・悪韓論】アシアナ機事故に見る韓国人の国民性 真実の究明より“工作”とは… (1/2ページ)

韓国のアシアナ航空機が米サンフランシスコ空港で着陸に失敗した事故から、ほぼ3週間。韓国が見せる対応戦術は、その国民性を学ぶ上で格好の材料だ。

 韓国には「交渉学」の講座を持つ大学がある。「交渉学」とはゲームの理論や心理学を応用して1970年代に米国で起こった学問だという。

 延世大学の交渉学教授を経て、コンサルティング会社を経営する人物が、朝鮮日報(2013年7月15日)に「NTSB(米運輸安全委員会)の“操縦士過失”論にやられないための5つの啓明」という文章を寄稿していた。なぜか、日本語サイトにはアップされなかったが、その骨格を紹介しよう。

 (1)最初のイメージが大切だから、NTSBの発表に対抗して、積極的な反論を、マスコミを通じて展開しろ。

 (2)米国民がボーイング社の欠陥機の犠牲になることもあると広報し、米国民にボーイングを「共通の敵」と認識させろ。

 (3)友好的な機関や団体と連合戦線を形成しろ。国際民間航空操縦士協会は大きな力になる。

 (4)政府は外交チャンネルを通じて対米抗議のレベルを高めろ。

 (5)次期戦闘機を売り込みたいボーイング社に対しては、韓国の反米感情を高めると損をするぞと圧力をかけろ。

 お見事、「事故原因の究明を」といった視点はどこにもない。「韓国人パイロットの操縦ミス」という結論を阻止するため、政府とマスコミ、航空機会社は挙げて対米世論工作を全力で推進しよう-というのだ。



昨年は当ブログでは12回に分けて「無能願望」を書きましたが、思うに韓国こそ、最もこの無能願望を追求している国はないのと思います。
何しろ韓国は常に自分らが被害者の立場にあると言う前提で物を考える傾向があるのです。真に出来がいい奴ならば、大真面目に不始末をしないように心掛ける物ですが、韓国の場合は、大真面目に不始末をしないように心掛ける事よりも、何かにつけてずるをする事を前提に物を考え、かつ、よしんば不始末と言うに値する事態に出くわしたならば、何とも自分のせいじゃないと言い逃れをするのです。
そんな事が出来るのも、他により出来の良い奴がいると言う前提があるからであって、今回の場合も、アメリカと言うより出来の良い奴がいて、そいつは不始末を決してしてはならない奴だと言う内心があるのでしょう。
それに比べて韓国は、表面では完璧を装っているつもりでも、内心では不始末をしていいのうたりんだと思っていて、より出来のいい奴に甘えているのです。
それが日本であり、アメリカなのです。しかし、これからいつまでそうした甘えができるでしょうか。アメリカなどは容易にそうした韓国の身勝手ぶりに対して見限ると思うのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< その内連帯責任が不可欠な時が来るぞ | ホーム | 例によって自分らの主張を「世界」とする >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP