FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

湿気がなければなぁ

40℃の猛暑に停電、市民600人余が地下鉄構内で避暑―浙江省杭州市

2013年7月25日、中国・浙江省杭州市余抗区の喬司地下鉄駅構内では、暑さから逃れるために多くの市民でごった返していた。新華社通信が伝えた。

当日同市は最高気温が40℃に達する猛暑に見舞われた。ところが、余抗区喬司街道の一部で停電が発生。停電は午前6時(現地時間=以下同)~午後10時まで続いたという。厳しい暑さに加え電気も止まり、周辺住民は暑さから逃れるために近くの地下鉄駅に向かった。

地下鉄の管理会社によると、同日午後3時には600人以上が地下鉄構内に涼みに来ていた。この影響で出入り口が一時混雑し、まるで春節の大移動を思わせる一幕もあったという。地下鉄の管理会社側は安全を確保するため、マナー違反の避暑客に対し注意を促し、人員を増やし、突発性の事故に備えた。(翻訳・編集/内山)




わが国ならば、夏と言えば、蒸し暑いと言う事が御定番でして、単に太陽の強烈な日差しばかりが暑さを持ち込んでいるのではありません。それだけにお日様を逃れても、必ずしも暑さ逃れができる訳ではありません。
実際、冷房のない自分の部屋では相当蒸し暑い状態でして、それならば外にいた方が却って涼しいと言う気分にもなります。
それに対して、中国の場合は大陸ともなれば、太陽の照り付けによってのみ暑さがもたらされるのでしょう。だからこそ、お日様の照らない地下鉄構内は避暑の場となり得るのです。そうでもなければ、停電ゆえに冷房が停止しているはずの地下鉄の構内など、我が国感覚ではとてもムシムシして、快適でいられるはずなどないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< バカボンパパよろしく「これでいいのだ」 | ホーム | むしろ世界に広めたらどうだ >>


コメント

中韓の都市も、ヒートアイランド現象で苦しみそうだ。都市化の宿命。都市が拡大すればするほど問題が肥大化。
電力需要の高まりと供給との追っかけっこ。
その時に、彼らは踏ん張っていられるか。「日本のような山林がないから、雨が少ないから」と言い出したら、彼らの負けだな。近代化への負け。負けを認める民度と踏ん張って知恵を出し合う根性があればいいけどね、期待できないな。
きっと、逃げ出すね。雨が豊富で山林が豊かなところへ。たまったもんじゃない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP