FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本に優る自信がないからな

韓国、呉善花氏の入国拒否 言論影響か「人権ない」

韓国出身の評論家で拓殖大国際学部教授の呉善花氏(56)=日本国籍=が韓国への入国を拒否され、日本に引き返していたことが27日、分かった。呉氏は歴史問題などをめぐって韓国に厳しい評論活動で知られ、韓国側の対日感情の悪化などが入国拒否の一因である可能性もある。

 成田空港で同夜、取材に応じた呉氏は「文明国としてあってはならないこと。人権も何もない。もっと冷静に対応してほしい」と、韓国側の対応を批判した。

 呉氏によると、ソウルで行われる親族の結婚式に出席するため、27日午前11時すぎに韓国・仁川空港に到着。しかし、入国審査の際に隣接する事務所に行くよう指示され、パスポートの詳細な確認などを受けた。

 約1時間半後に「入国は許可できない」と告げられ、理由を職員に尋ねても「上からの命令だから」などと答えるのみだったという。別室で夕刻の日本行きの便まで待機させられ、機内でも着席を確認するまで職員がついてきたという。

 韓国法務省の仁川空港出入国管理事務所入国審査場の当局者は産経新聞の電話取材に、「プライバシーに関することで回答できない」と述べた。

 呉氏によると、母親の葬儀のため出身地の韓国・済州島に帰郷した平成19年にも空港で入国を一時拒否されたが、その後は問題なかったという。外務省は「事実関係を確認した上で対応を考える」としている。

 呉氏は昭和58年に来日。日韓関係を中心に評論を行い、「攘夷の韓国 開国の日本」「スカートの風」などの著書がある。4月末に安倍晋三首相と会食した際、韓国で批判的に報じられた。新藤義孝総務相らが野党議員時代の一昨年、韓国・鬱陵島の視察を試みて入国拒否されたが、思想信条が理由とみられる民間人の入国拒否は極めて異例だ。


まあ、ああいう国ですから、こんな事をやらかすと言う事に関しては、十分あり得ることだったと割り切れば、驚く事ではありません。
まあ、忌避された本人である呉女史にしてみれば、元来自分にとっての祖国である国の態度ですから、少なからず残念な思いをした事は間違いないでしょう。
しかし、考えようによれば、あれだけ反日がまかり通っている以上、よしんばそうした人が入国できたとしても、万事鼻つまみになってしかるべきでして、国家が入国を忌避するまでもないでしょう。
所詮は、連中の反日とはいんちきで塗り固められた物に過ぎず、隙さえ見せれば呉女史の発言に感化される者が少なからず出て来る事を懸念しなくてはならない国だと言う事なのですよ。
反日のべらぼうさに反して、内心では日本に対するあこがれがあるからこそ、いんちきしてでも日本へ入国し、従軍慰安婦強制連行と言う主張と無関係に非合法ででも売春に走るやからが少なくない事は、そうした連中の内心を物語っているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< それなら在日に「祖国と帰れ」と言ってもいいよな | ホーム | バカボンパパよろしく「これでいいのだ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP