FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国とんでもウォッチング⑨

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ みなさんおはようでやんす。とまあ、なんか砕けた出だしとなりましたが、みなさんの場合、正月が半月過ぎた感想はいかがでしょうか。わたしの場合は、とりだめしておいた、テレビ番組の消化も順調にすすみ、今朝、ようやく昨日の分が再生完了し、これ以降は普段どおりに、今日ないしは昨日の分を見るといった状態に戻れそうです。
それに引き換え、当ブログで紹介する記事は合いも変わらず、先月、先々月のものとなってしまいますが、人気ブログで取り上げられていないマイナーなものであることを願って? お付き合いくだされば幸いです。
では、今日は「中国とんでもウォッチング9」をお送りします。始まり始まりー。
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ ワクワクo(゚▽゚*o)(o*゚▽゚)o ワクワク
======================================
詐欺騒動、日本巻き添え
中国遼寧省瀋陽市で20日から21日にかけて、アリ養殖をめぐる投資の焦げ付き問題に抗議する市民らによる大規模デモがあった。数千人が同省共産党委員会の建物を包囲。21日には数百人が日本総領事館などにも押し寄せ、被害を訴える騒ぎになった。
デモをしたのは、強壮剤に使うアリの委託養殖で、業者に支払った保証金の回収ができず、だまされたと訴える人々。香港紙によると、被害総額は数十億元(1元は約15円)に上るという。
日本とは関係ないが、中国当局の対応に業を煮やしたデモ隊の一部が「外国公館に訴えれば、中国当局も黙っていられないはず」として、日本や米国などの総領事館が集まる一角を行進。「金を返せ」などと叫んだ。日本総領事館関係者は「反日的な行為もなく、何も被害はでていないが、驚いた」紙はなした。(引用ここまで。11月22日分)
(;´∀`)・・・ まあ、とにかく良かったというべきでしょうか。中国内部でのペテンで日本が賠償を強いられないでよかった。まずはこれに尽きるでしょうな。中国当局の対応が鈍いのは、ひょっとして、このペテンの上前をはねているからですかな? こんな有様では、ますます以って、今年のオリンピックで中国は国際的に赤っ恥をかく可能性が高くなりますよ。とにかく気をつけよう。ヽ(゚ ∀゚ )ノ ㌧㌦!
======================================
整形手術で出国NO
山東省・青島に住む女性は、自分のスタイルや顔に自身が持てずに悩んでいた。一念発起し、数年かけて金をため、美容整形手術を受けた。高い鼻、豊満な胸、くびれた腰、理想どおりの美女に変身した。
ところが問題が起きた。外国旅行に行く際、青島空港の出国検査でパスポートを見せると、係員から「写真と違う」と拒否された。
手術のカルテや術前の顔写真を持って掛け合ったが、認めてもらえなかった。「あまりに顔を変えすぎた」と悔やんだが、後の祭り。出国をあきらめざるを得なかった。(引用ここまで。12月11日分)
外観を美しく装うと欲するのは女性にとっては最重要な欲求の1つですから、この女性の努力は涙ぐましいものとして評価しなくてはならないでしょう。しかし、この場合やり過ぎは却ってよくないという一例を示したものとなってしまいました。まあ、韓国のように整形当たり前で、しかも、整形した顔で公然と出国できるというようにはならず、顔が違っているから出国不許可としたことは、中国当局GBというべきです。
======================================
さかさま透かし50万元
透かしの毛沢東が上下さかさまで、しかも位置がずれている50元紙幣が、中国・甘粛省蘭州市で見つかった。中国では偽札が見つかることが珍しくないが、これは本物だという。
このお札は90年発行。見つけた老人は、92年からこのお札に気づいていたが、偽札と認定されて没収されることを恐れ、これまで銀行に持ち込まなかった。銀行で働く知人が見て「本物」と請け負ったため、ミス紙幣とわかった。コレクターに持ち込んだところ、50万元(約800万円)と1万倍の値が付いたという。(引用ここまで。12月25日分)
さすがは偽が蔓延している国だけのことはありますなぁ。しかし、偽札だとわかるとその場で没収ですか。これって、どう評価すべきか。ひょっとしたら、お上のほうで偽札を作って、世間にばら撒いてあとでこれは偽札だと没収の対象にするというペテンもあったりして、要するに、お上自体が信用をなくすことをやってはいないでしょうか。こんな有様で、昨今、経済紙で今は中国株が買いだなんて書かれることが往々ですが、危ないですなぁ。
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
======================================
いつもながら中国はとにかく(゜д゜)ス(゜Д゜)ゴ(゜A゜)イ…ヽ(゜∀゜)ノ…ゾォォォォォ!!!!

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

<< 三枝の笑ウインドウ⑭ | ホーム | 竹島プロジェクト >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP