FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

抵抗運動礼賛の功罪⑨

みなさんこんにちは。唐突ながら、わたしは生まれてこの方、女のアイドルタレントに好感を持つということがほとんどありません。むしろ、その反対のほうが圧倒的でした。
そんなわけですから、昨今はやり?の「女子アナ」という概念も嫌いですね。アナウンサーと名が付くのですから、厳かにニュースで記事でも読んでいれば良いものを、何を血迷ったのか、昨今ではアイドルタレントのごとき手合いが多すぎるとはおもいませんか。あんな程度では、アイドルタレントに記事を読ませても大して変わらないのではとおもってしまいます。
まあ、そこまでは言いすぎなので、せめて、ニュースのときくらいは「専門」のアナウンサーをあてがって、バラエティ番組の司会程度はアイドルタレントでもかまわないでしょう。
そんな女のアイドルタレントに比べれば、同じアイドルタレントでも男のほうはかなり救いようがあるとおもいます。所詮は、自分自身に対する貢献度の多寡が反映しているわけであります。
今月の初め朝日テレビにおいて「天と地と」が放送されました。「天と地と」といえば、角川映画で榎木孝明が主人公役を演じていたものがありましたが、今回のドラマでは松岡昌宏が演じていました。
松岡昌宏といえば、ジャニーズ事務所のTOKIOのメンバーでして、これまで「風林火山」「信長の棺」で、武田信玄、織田信長を演じており、今回で戦国時代の大物を都合3人も演じたという、ジャニーズ出身としては珍しい奮戦振りではありませんか。Σd(゚∀゚d)ナイス!!

とまあ、前置きはここまでとして、今回の本題は、かなり間があいてしまった「抵抗運動礼賛の功罪」をお送りいたします。今回で9回目ですね。では行きます。
ファイトーー!( ゚д゚)乂(゚д゚ )イッパーーツ!!

前回「軍事権」なるものを取り上げました。覚えていますか?(;´∀`)・・・ 抵抗運動を行うものは、この軍事権を個人的に行使するわけでから、それは元来、国内法でも違法となるのですが、敵対国の占領下ではそれを取り締まる手段がないので、そうした脱法行為が黙認された状態でまかり通っていることになります。
2005年の中国で、反日デモが行われたとき、彼らは「愛国無罪」を口にして暴力沙汰に走りましたが、よしんば愛国でも、国家としては、そうしたものを取り締まらなくてはならないことがあります。所詮は、脱法行為で、黙認したままでは、勝手気ままな大暴走に発展することもありうるからです。
もちろん、先に述べたように、それが敵の占領下にある間は黙認せざるを得ませんが、それが自国の勢力化のことならば、話は別となるためしもあります。
まずは、普仏戦争でのこと。開戦しょっぱなのセダン会戦でナポレオン三世が捕虜になった後、できた臨時政府がドイツとの講和に応じたとき、パリ市民が講和に反対して、パリ・コミューンを結成して徹底抗戦を主張しました。
臨時政府としては、これを黙認してはドイツとの講和が破棄されることになるので、ドイツから釈放された捕虜によって再編成された軍隊を以って鎮圧しました。
また、フィンランドでは、1944年、ソ連との講和の後、ソ連軍侵攻に備えて、抵抗運動のために用意されていた軍需品を各所で摘発したという話もあります。
いずれの場合も、愛国の意図があったものが、国家の側の秩序確保のために処分された一例です。
さて、話は変わりまして、アメリカ映画の「地獄のスクワッド」では、ベトナム戦争の中のテト攻勢で、アメリカ軍基地を攻撃して、失敗に終わったベトコン軍の大佐が、映画の終わりころ、自嘲的に「これでハノイの思う壺だろう」という意味のことを言う場面がありました。
この意味するところは、ハノイの政府からすれば、ベトコンがあまり勢力を持っていると、自立できるだろうから、ある程度痛めつけられて、北に依存せざるをえない状態にあってくれるほうが好ましいだろうと言うことです。この例も、抵抗運動の「愛国」が国家の望んだ方向に向かってくれなければ、却って疎まれることを示すものとして興味深いものではないでしょうか。

では、今回はここまでとして、続きはまた次回ということで失礼いたします。<(_ _)>
続きが楽しみかな? o(゜▽゜*o)(o*゜▽゜)o ワクワク クリックお願いします。<(_ _)>  
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



 
スポンサーサイト



テーマ : 戦争 - ジャンル : 政治・経済

<< ドルの国 | ホーム | 三枝の笑ウインドウ⑭ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


?????????

????????ο????3???????????????ä


 BLOG TOP