FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どうでも否定的に見たいんだな

在特会の潜在層も問題 日本による朝鮮植民地支配は人道的?

在特会のメンバーによるデモの様子がユーチューブなどにアップされており、その言動が物議を醸しています。
 日本から出て行けということにとどまらず、殺してやるとまで叫んでいるのは、今までとは異なり、ある一線を越えているものと言えます。
 韓国・朝鮮の人たちを人とは思っていないのでしょう。
 ある意味では「正直」だという気もしますし、顔をさらしている点では「潔い」とも言えるのかもしれません。
 もちろん、人としては最低最悪ですが、匿名で言いたい放題の粘着質のネットウヨクよりは、ましなのかもしれません。

 先般、私は、「まだまだ終わるわけがない戦後処理問題 軍国主義復活の野望」という記事をエントリーし、その中で、日本帝国主義による朝鮮植民地支配について、人を人とも思わない支配と評価したところ、下記のようなコメントが来ました。
 そのコメント主は、「人を人とも思わない支配」というところが気に入らないらしく、種々の数字などを羅列してきて、このどこが「人を人とも思わない支配」だ!と噛みついてきました。
 一読するだけで、屁理屈の羅列だというだけのものです。




正しくこれこそ下司の勘ぐりと言う奴です。どうでも、日本の統治が悪しき物だと言う固定観念に基づいて、万事悪しき解釈をしているのです。
まず教育の大々的な普及に関して、では、彼らに対しては全く教育は無駄であって、余計なお世話だと言う事なのでしょうか。公的教育は万事体制を利するためにある物であって、それと無関係に行われる事などあり得ません。それでも教育なんぞをしないでいたままである方が好ましかったとするのならば、今の韓国の有りようはどう解釈すれば良いのでしょうか。
一方で、皇民化教育によって死を強いる事を意図しているのならば、どうして平均寿命が伸びるのでしょうか。それをひたすら単に労働力の確保のためだけと解釈するのであれば、むしろ朝鮮人は元来短命でいたかったのに、日帝によって強制的に長生きを強いられたと言う事になるのではないではないですか。
そもそも韓国の主張からすれば、日帝は大々的に殺害を繰り返した訳ですから、いかに労働力の確保が望まれたからと言っても寿命が伸びる事も人口が増える事も到底あり得るはずがないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

<< 特亜連中はひたすら「無条件降伏」を求めているから和解などあり得ない | ホーム | 利益認識の乖離47 >>


コメント

紹介された記事の屁理屈ぶりに呆れました。
韓国人のねつ造に対する日本人側の反証のひとつ、「根拠を示せ」を逆利用したようです。歴史にはすべて証拠が残るとは限らないので、悪意丸出しの否定などは、いくらでもできますから。

比較するなら、日本による併合がなかった場合と李氏朝鮮が存続した場合を比較するのも有効かな。
コリアンが受け身一辺倒であれば、李氏朝鮮がどうなろうと誰かに責任押しつけ、よくなれば自分の手柄というメンタリティであれば、なんとでも言えますからね。

続き
この弁護士は、ディベートだけをしている。
植民地=絶対悪の決めつけ、地域の問題と世界の趨勢とのすり替え、朝鮮人の求めた(かどうか判然としない)幸せをはかりようがないことを悪用、
などしている。

朝鮮が清の属国を望んでいたとしても、それが朝鮮人すべてが望んだかどうか調査しようがない。
耕作地が増えたこと、人口が増えたこと、それが即ち収入増につながるわけではないことは自明だが、それによって増加したものの肯定評価を否定しようとしている。
独立運動が起きた、と言っているが、どんな史実によるのか。朝鮮人全員を満足させる施策など、李氏朝鮮どころかどんな国でも反発はあるのだから、「独立運動」を名目にした反発はいくらでも起きえた。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP