FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

粗悪品込々よりも少子化の方がまし

【中国BBS】中国人を移民させろ…日本の少子化は解決する

中国大手検索サイト百度の掲示板に「少子化の日本は中国人を大量移民させれば良い」というスレッドが立てられた。スレ主の提案に対して、中国人ネットユーザーからさまざまな意見が寄せられた。

 厚生労働省によれば、2012年の合計特殊出生率は1.41だった。2年ぶりに上昇となったが、出生数は過去最少を記録した。日本経済が成長を続けるためには人口減少に歯止めをかける必要がある。

 スレ主は、日本の少子化対策として中国人の移民が効果的だと主張。その利点として「人種が同じであり、種族の衝突がないこと、文化が似通っていること、現在の緊張した日中関係を緩和させられること」を挙げた。

 スレ主の主張に対して、ほかのネットユーザーからは「オレを連れて行ってくれ!」、「私をサンプル品として使ってください」、「跪くからオレを連れて行ってくれ! 恩に着るよ!」、「喜んで日本に貢献したいです」など、日本好きが集まる掲示板のためか、ぜひ日本に移民したいというコメントが多く寄せられた。

 しかし、「お金さえあれば中国にいても良い生活できるよ」、「中国がさらに発展するか、体制が変われば、どの国の人でも華人は中国に帰ることを希望すると思う」など、中国のほうが良いというユーザーも。

 スレ主は、日中が似ていると主張しているものの「民度の差は大きすぎる」という反論があった。全体的に見ればこれは否定できない事実であろう。また、「日本は移民を受け入れても、民度の高い技術を持った人材しか受け入れないだろう。アニメを見るような人は不要なのだ」との意見もあった。

 ほかには「政府が子どもを産むよう奨励するほうが良いんじゃないか?」、「出産を奨励し、育児施設をたくさん作ったほうが良い」などの提案も寄せられた。

 だが、日本政府はすでに少子化対策として出産を奨励しているものの、なかなか効果が出ていない。中国では結婚して出産するのは当然との考えがあり、一人っ子政策のなかでも罰金を払って2人目、3人目を生む人も少なくなく、日本が少子化問題を抱えているというのがなかなか理解できないのかもしれない。(編集担当:畠山栄)



基本的に自分自身としては、よしんば自国が人口不足だからと言っても安易に外国からの移民受け入れと言う物には賛成できないのです。
何しろ、それを行うからには、相対的に外国の方では人口流出につながるからでして、その場合、そうした外国にとっての利害と言う物にも詮索すべきであるはずなのに、往々にして自国の都合ばかりを考慮しているのみでして、それによって割をくらうかもしれない外国に関して影響に関しては何の考えもないケースが多いのです。
我が国において人が不足していると言うのであれば、外国においても同様な事はないだろうかと言う考えがあっても良さそうな物でして、もしそれがないとしたならば、逆に外国では人が余っているのではないかと勘ぐるべきであって、そうした国が、自国民の一部の外国への移民を歓迎しているとすれば、それは余り者の厄介払いに他ならないと解釈すべきでしょう。
ましてや中国人となれば、それ以上に厄介な物を持ち込んで、そうした物に対する負担が掛かって来る事は間違いありません。連中の存在が我が国にとって得になるよりもずっと早く負担になって、そうした負担のただ食いをする一方で、そうしたうまみがなくなった時点でとっとと、後を汚したままで出て行くような事態になる事は間違いありますまい。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< その内世界に喧嘩を吹っかける事になるだろう | ホーム | 日帝時代の方が恵まれていた一例 >>


コメント

少子化は、単純な人手不足ではなく、頭かずさえ帳尻合わせれば良いというものではないと思う。
日本の伝統文化も言葉も理解できない中国人なんか来てほしくない。

日本のことが好きな外国人でも、来てみてギャップを感じたり、慣れるのに時間がかかり生活不安に陥ることが絶対にあると思う。
「金さえあれば~」どこの国でもなんとかなる。ならない国なら、なるるように、自分の国で頑張ってほしいものです。

忍者や侍に対するイメージなどをネットや映画でちらちら見ていると怖いくらい。こんなイメージで来られては、お互いにデメリットの方が大きい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP