FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離48

「利益認識の乖離」第48回目です。
改めて、何のために報労を出すのかと言う事が問われます。言うまでもなく、それは会社目線で言うのならば、会社にとっての利益を引き出す為であって、社員をたたえるのはあくまで手段であって目的にあらずと言う事です。この辺の所を、雇われ人としては、冷静に見据えるべきであります。
その辺の所を失念してしまうと、単に会社に踊らされていて、ひたすら無駄な負担を負わされて馬鹿を見るだけだと言う事に気づかなくなってしまいます。
単に会社の利益を引き出すと言う視点に立ってすらも、会社は往々にして最小限の負担で済まさせると言う配慮をする気もないままに、ひたすら社員のやる気だけに依存して利益を引き出すと言う、決してほめられた形でなしに事業を進めているのみならず、報労をちらつかせての、社員に対して求める事は、必ずしもそれと合一でない、個人の成績と言う事にこだわる傾向が多いと言う事です。
この場合、ひたすら自己完結で、個々の社員にしてみれば、必ずしもよそに対する配慮を持った形で仕事を進めるとは限らず、そこでは往々にして意識の上での員数付けが存在しているはずです。
結局の所、会社が究極的に追求する事と社員に求める物とがずれてしまっているので、そんな中では会社も社員も、互いに会社のため社員のためと言うのは上っ張りでしかなく、内心では結構足の引っ張り合いになっているのではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : お仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

<< だから日本に居つくだけの整合性を示せよ | ホーム | いくさにおける地政学⑭ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP