FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

てめえから仕掛けると言う妄想があってもいいだろう

日中開戦すれば…日清戦争の二の舞とはならない=中国版ツイッター

北京在住という中国人ネットユーザー、北京魯戈(アカウント名)さんが、中国版ツイッターである微博にて“日中開戦になっても日清戦争の二の舞にはならない”との主張を展開したところ、多くのコメントが寄せられた。

  北京魯戈さんは、日中が開戦となった場合、「今の中国は昔の中国とは違い、歴史を繰り返すことはない」と主張。北京魯戈さんが言う“歴史”とは、日清戦争で日本に負けた中国にとっての屈辱の歴史を指すと思われる。

  ほかの微博ユーザーからは「小日本がわが空母を沈没させたら、中国は弾道ミサイルで靖国神社と東京を爆破する」、「日本がわが空母を攻撃したら、われわれは本州を攻撃だ」など、必ず反撃するとの意見が多く寄せられた。

  また、「日本がわが空母・遼寧を沈没させるのは難しいことではないだろう。でも遼寧が沈んだら東京も滅びると信じている。楽しみだなぁ。来いよ、来てみろよ!」と非常に挑発的なコメントも。

  「日本はまた妄想しているな」と、日本の軍事力はさほどでもないとの意見がある一方で、「日本は妄想なんかしていない。しかし、われわれには日本を滅ぼす能力と決心があるという違いがある」というコメントもあり、ある程度は日本の能力も認めつつも、中国勝利を信じてやまないようだ。

  中国で“日中開戦”を主張したり、論じたりしているのはネットユーザーばかりではない。中国人民解放軍のなかでも強硬派として知られる羅援少将は、尖閣諸島(中国名:釣魚島)はおろか、沖縄までも日本領ではないと主張。

  さらに、何でも平和的手段で解決しようとするのは「平和ボケだ」などと批判し、尖閣諸島問題を含め、強硬手段で解決すべきなどと主張している。(編集担当:畠山栄)



あいも変わらず、良くわからん連中です。日頃から我が国を叩き潰したいと思っている割には、この例を見るまでもなく、連中の感覚と言えば、常に日本の方から仕掛けて来ると言う前提で話を進めています。
いにしえから、いかに大義がないいくさでも、迅速に勝ってしまえば、よその国は手出ししないと言うケースが多いと言うのに、なぜかしらん、それだけ自国の軍事力を高く評価しているのに見合った対日戦争と言う物が思いつかないのだろうか。
とっとと攻め込んで日本を滅ぼそうと言った方が、連中の妄想としては筋が通った物となるはずなのに。 少なくとも、そうした空想妄想の次元ならば、自ら攻め込んで勝利すると言う事を思いついてもこちらとしては構わんのです。
なぜ、そうした空想に浸れないのか。ひょっとしたら、中国軍の実態は自ら攻めに出るにはまともに機能しないと言う事が明らかになっていると言う事なのでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< 余計な物を混ぜたのはチョッパリに違いないニダの巻 | ホーム | わが国よりもこだわりすぎなんじゃない? >>


コメント

反日デモといい、こういうコメとかといい、シナのネトウヨは粗雑で乱暴で劣等感の裏返しが愚かやねえ。
こういうのが、政局に影響なんぞ及ぼしてコストかかるんだからバカバカしいったらない。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP