FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

まずは国産で出来るようにしろよな

【社説】次期戦闘機はできるだけ最高性能を備えなくては=韓国

(前略)新たに選ばれる次期戦闘機は2050年以降まで運用されなければならない。今後30~40年後の韓半島の安保状況がどのように変わるのかを予測するのは事実上不可能なことだ。南北関係はもちろん韓米同盟や韓中関係、韓日関係がどのように変わるのかさえわからないのだ。こうした中、周辺国より性能が劣る戦闘機だけを保有するというのは安保脅威要因になる可能性が大きい。多少遅れても次期戦闘機にできるだけ最高性能の戦闘機を導入しなければならない理由だ。



例によっての韓国のでたらめな外交と言う物が悪しき方向に物を言う有様であります。まあ、韓国のような複雑な環境にあれば、いろんな可能性と言う物が考えられる訳ですが、現実に、今の所北朝鮮との休戦と言う、戦争継続状態が存在する以上、まずはそれを優先する所から外交は始まるべきなのですが、いにしえからの反日と言う物が、いつもながらそうしたまともな外交目標設定を邪魔しているのです。
まあ、対日関係に関しては、北に対する備えとしての後ろ盾と言う物を、反日ゆえに考慮する気がなく、むしろけつをかみつかれる可能性と言う懸念を有している訳ですが、その割には、それに見合った兵器の確保が、根っこを見てみれば、その部品が日本製と言うのであれば、再考が必要ですな。
日本が将来敵に回る事を考えるのであれば、日本製の部品が含まれる兵器に頼る事は、大真面目に考えて、戦時中のメンテナンスと言う点で不利だろうし、「エアーウルフ」の第1話にあるような悪知恵が盛り込まれることだってあり得ますよ。
ちなみに「エアーウルフ」の第1話では、雷神なる究極の対空ミサイルを、CIAの部長であるアークエンジェルが、ひそかにアメリカの敵陣営にわたるように売り込んだのですが、その真相は、そのミサイルには特殊な妨害装置が仕込まれていて、よしんば自国に対して用いられるような事態になっても、無効にできる算段だからこそ、アークエンジェルによる売り込みが行われたのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 利益認識の乖離53 | ホーム | 文化は奪う物で管理する物に有らざる韓国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP