FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

そもそも文化上での乖離が大きすぎるんだよ

【中国BBS】わが国を怖がる日本人に正しい情報を伝えるには

日本では中国に関する報道はネガティブな内容が多い傾向にある。例えば食品の安全の問題や大気汚染といった環境問題、人権の蹂躙などの報道は多いものの、中国の美談などはあまり報じられないようだ。

  中国大手検索サイト百度の掲示板にこのほど、「わが国に来たこともないのに中国を怖がる人に、どうやって正しい中国を伝えたら良いか?」というスレッドが立てられた。スレ主は“日本人は中国に来たこともないのにやたらと恐がっているが、実際に来てみれば別に恐い国ではない”と言いたいらしい。

  スレ主の主張に対して、「わが国は確かに恐い国だ」、「1人の中国人として、中国人は本当に恐ろしいと思う。日本人が中国に住んだら、やっぱり恐ろしいと思うだろう」など、恐ろしいという感覚はごく正常との意見が寄せられた。

  寄せられたコメントの大半が同様の意見であり、「中国は確かに恐ろしい所だ。何も間違っていない」などのコメントや、「気を付けて生活していれば恐くはない。インドのほうが恐いと思う」という主張もあった。日本では特に気を付けなくても恐ろしい思いをすることはないが、やはり中国では日常生活のなかでも緊張感を持たなければならないということなのだろう。

  さらにスレ主の質問に対しては「特別教育する必要はない。好きに思わせておけば良い」という意見や「中国中央電視台で毎晩7時に放送されるニュース番組を見せれば良い」という方法が提案された。

  中国中央電視台の番組は中国の政治家がいかにすばらしく、民衆がいかに共産党に感謝しているかをニュースとして伝えることで知られている。中国はあらゆるメディアが共産党の管理下に置かれているため、共産党にとって都合の悪い情報は表に出ない構造になっている。(編集担当:畠山栄)



両国の対立に関しては、政治的な物だけにとどまらず、文化的な乖離の大きさにも起因すると思うのですよ。そもそも、あんだけべらぼうに反日に徹している国ともあろう物が、どうしてそうした日本人に対して、自国に関して「正しい情報」を伝える事に躍起になるのでしょうか。
我々からすれば、ああいう国ですから、何が正しい情報なのかと言う点では非常に懐疑的なのですよ。むしろ連中が発信する情報は万事連中にとっての都合の良い物ばかりと解釈されるべき物だと言う認識の方がますます強くなっているのです。
改めて、彼らはさように自国に関してそれほどとんでもない国にあらずと言うのであれば、まずは自分ら自身が後生大事にして行く事から始めるべきであって、日本的に見て、それがいまだ怪しい状態で、我々日本人の歓心を得るべく、そのような主張をするべきではありません。
所詮は、彼ら自身が自国よりも日本の方が良い条件を有していると見なしているからこそ、そうした優良な条件に与ろうと、日本人の歓心を買って不二子る意図でもあるんじゃないですかな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 放射能まみれの日本でのオリンピック開催は辞退するニダの巻 | ホーム | こんな大馬鹿者は死んでまえ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP