FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

週間アジア第42号

China free


ヾ(o´▽`)ノ どもども、みなさんこんにちは。もう夕方だから、急いで行きますよ。←急ぐ必要あるのかな? (;´∀`)・・・
今回は「週間アジア」ですよ。今回はどんな珍事が紹介されるのでしょうか。見てのお楽しみでーす。ワクワクo(^▽^*o)(o*^▽^)o ワクワク
======================================
不倫「大臣辞めます」
マレーシアのチュア・ソイレック保険相が交際中の女性と性行為をしている映像が出回り、保険相は自分だと認めて辞任、政界からも引退した。警察はビデオ撮影や複製にかかわったとされる男女を逮捕したが、背後関係などは分かっていない。
映像はDVDが昨年末、地元の南部ジョホール州で出回った。保険相は性感染症対策としてコンドームの配布運動などを推進しており、イスラム教保守派を中心に世論が猛反発した。ただ、妻と3人の子は夫の謝罪を受け入れたという。(引用ここまで。1月29日分)
(;゚Д゚)スゲエ そういう映像が出回るとは、とにかくスゲイ。これはやらせのドキュメントたるAVとは違って、モノホンのドキュメントですよ。いやいや、そんなことをいっている場合じゃないですな。とにかく、この保健相からすれば恥ずかしいです。幸いにして、家族との和解はなりそうですが?
======================================
教会長老は狭き門
韓国の李明博・新大統領や側近たちが通うことで有名になったキリスト教会が、長老選挙を行う。李大統領は現代建設に在職中、忙しくて奉仕活動ができず、92年から3年4ヶ月間、日曜早朝に駐車案内係の奉仕活動に励み、95年にやっと長老になれた。
長老選には45人が立候補、15人が選ばれるが、大手企業トップや裁判長、大学教授ら、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。候補になるには7年以上の教会執事と奉仕活動が必要。先日の日曜朝も雪が舞う中、候補たちは駐車案内に精を出した。「国会議員になるより難しい」と言う笑い話も出ている。(引用ここまで。3月18日分)
たしかに議員になるよりは難しいでしょうな。議員になるのには、わいろ攻勢と言う手段もありますが、長老になるのには奉仕活動も必要と。まじめに教会に通わないと叶わないわけで、これは大変ですな。とりわけ雪の中ではきついです。大統領のミョンさんもそうした奉仕にかかわったとか。なんともご苦労様です。地位が高いと、今度は名誉が欲しがるのは韓国でも同じですかな。
======================================
飲酒のつけ、2兆円
生産性の低下や早死になど、酒の飲みすぎによる韓国の社会・経済的損失が年間20兆1000億ウォン(約2兆円)に上ることが延世大大学院チームの調査で明らかになった。
飲酒関連の病気への支出や飲酒による交通事故での被害額などから算出した。内訳を見ると、飲みすぎに伴う生産性の低下が約7兆8000億ウォンと最も多く、早死にによる将来所得損失5兆4000億ウォン、酒類への消費支出4兆5000億ウォンなどが続く。
国内総生産に占める割合は2.9パーセント。カナダ(1.09パーセント)やフランス(1.42パーセント)の2倍以上の高水準だという。(引用ここまで。3月25日分)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
その病気の中には火病が少なからず混じっているのではないですかな。そして、酒乱による暴力沙汰による被害による経済損失も多いと考えるべきですよ。
問題なのは、こうしたデータが出たからといって、韓国人がおとなしく、節酒に走るかと言うどうかということですよ。どうも、期待薄しと思うのですよ。飲酒をした上での暴力沙汰に走る人にとって酒から遠ざけられることは、非常に苦痛で、ひょっとしたら酒を飲みたいばかりに、暴力沙汰に走るということも考えられますよ。
日本でも「こち亀」の主人公の両さんといえば、酒癖がはなはだわるく、こちらの方面でのトラブルはよくあることですからね。また、戦国大名として有名な毛利元就の場合、父親、兄、長男がことごとく多酒のために早死にしたこともあって、彼自身は節酒に徹して長生きしました。
======================================
これにて今回の「週間アジア」はおしまいおしまーい。(^0^)/^^^^^ 次回の「週刊アジア」お楽しみにー。クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 






スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 韓国抵抗運動馬鹿列伝③ | ホーム | 韓国抵抗運動馬鹿列伝② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP