FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

手抜き、裏ワザ頼みでまともな技術がないからだ

【社説】海外ダンピング受注で共倒れする韓国の建設業界

大手建設会社のサムスンエンジニアリングは第3四半期の営業損益が7468億ウォン(約689億円)の大幅な赤字となった。同社は第1、第2四半期にも合計で3085億ウォン(約284億円)の赤字を出しており、今期の累積赤字は1兆ウォンを超えた。同社の営業損失の大半は、アラブ首長国連邦(UAE)の石油精製プラントとサウジアラビアのガスプロジェクトなど中東地域のプラント建設事業で生じた。

 GS建設もUAEの石油精製プラント拡張事業を受注したところ、今年第1、第2四半期の営業損益が合計6946億ウォン(約641億円)に達したのに続き、第3四半期も赤字が見込まれている。SK建設、大宇建設など他の建設大手も海外プラント事業で大幅減益や赤字となっている。1980年代に中東市場に相次いで進出した韓国の住宅建設業者が安値受注競争を繰り広げ、共倒れしたさまを見ているようだ。

 今回の大手建設会社の危機も企業自らが招いたものだ。2008年の金融危機で韓国国内の建設景気が低迷するや、建設各社は活路を見いだすため、大挙して海外市場に参入した。その結果、2009年から11年の3年間で1800億ドル(約17兆6000億円)の海外工事を受注する成果を上げたが、その過程で韓国企業同士がダンピング受注競争を繰り広げることが多かった。建設各社は収益性を判断するのではなく、工事を受注することにばかりこだわったため、予定価格の半額にも満たない価格で落札した工事も数多くあるという。その後遺症に今苦しんでいる格好だ。

 海外建設事業の損失は、既に受注した工事が全て完成するまで増え続けることになる。建設会社はそれぞれ支出を引き締め、できるだけ被害を減らすべきだが、破綻建設会社を整理する作業もこれ以上先送りできなくなった。中長期的には建設業界が施工中心から脱却し、開発事業に関する計画、資金調達、完成後の施設運営まで総合管理できるように、競争力を高める方策を探らなければならない。さもないと、建設各社が過当競争で墓穴を掘る慢性病を治すことはできない。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



まあなんですな。韓国の場合、見栄を張ろうとする習性もある訳でして、いかに自分らに対する受注の多さと言う物を演出したいと言う思いもあるのでしょう。
しかし、別段彼らの場合は、彼ら自身に対して発注をして安心と言う、しかるべき技術がある訳ではなく、所詮はトンスル工法なる悪しき技術に基づく悪しき実績が存在しているのみです。
それだけに、発注をお願いされると言うよりは、逆に裏ワザを駆使して、発注をしてもらうべく「お願い」していると言うのが現状でして、しかも一旦受注さえしてしまえば、そうした業務は下請けに出してしまえば、直接普請にかけるコストに関しては知らぬ存ぜぬ小島よしおで済ませられるのですから、気楽な物です。
そして下請けを受けた会社も、さらに下請けに出すと言う事例もある訳でして、そうなって来ると、なんかばば抜きでもやっているような感覚なのでしょうね。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



テーマ : 韓国ニュース - ジャンル : ニュース

<< 妄想ある限り「復元」などあり得ない | ホーム | だから日本を避けると言う事を考えればいいのに >>


コメント

後発で、市場もニーズも確実なところに、足元を固めず既存有力企業のシェアを奪うことしか考えず無茶な単価設定で受注しまくったら、遅かれ早かれこうなる運命でしたね。
まだまだ、これから実態のラインまで崩壊するはず。
韓国は、現実を見て数十年単位で実のある謙虚な努力をしないと、ほんとうに崩壊します。
崩壊しかけたところで、日米が助ける羽目になりかねないけど、それをあてにされるのも、ほんとうに迷惑。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP