FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

妄想ある限り「復元」などあり得ない

国宝1号を焼失し復元もまともにできない大韓民国(1)

「大韓民国国宝1号」である崇礼門(スンレムン、南大門)の丹青が復元されてから5カ月で異常が表われ、その状態は悪化していきつつある。これにより5年間の丹青復元工事が総体的にずさんであり、1日も早く全面補修をしなければならないという指摘が出ている。

中央SUNDAYは18日午後、韓国メディアとしては初めて崇礼門内部の丹青毀損状況を集中的に調査した。その結果、1階と2階の楼閣全体で100カ所を超えるひびや剥離剥落、変色現象が見つかった。赤色、あんず色、白色の顔料で描れた垂木の珠花紋(レンゲ紋)の丹青でそのような現象が目立ち、顔料が膨らんでいたり割れて地肌が表われる層上剥落現象が見られた。地の緑色の丹青も浮き上がって割れており、顔料が気泡のように膨らんで近くはがれてしまう部分も随所に散在していた。落ちた顔料が楼閣の床に飛んだりもした。柱と組物(柱の上で上部構造を支える部材)の隙間の彩色がいい加減で多くの場所で顔料がぼろぼろになっていた。亀裂と剥離をひとつひとつ数えれば数千カ所に達する。「国宝1号」を燃やした子孫が復元すらまともにできないことを物語る恥ずかしい現場だ。

文化財庁は8日、「崇礼門扁額の左側と右側、後方の垂木部分など20カ所余りで剥落現象が見つかった」とだけ明らかにした。このため文化財庁がこれまで現場監視を疎かにしたり不良実態を縮小・隠蔽した可能性が提起されている。崇礼門の復元工事は2008年5月から始まった。


そもそも復元も何も、「復元」しようとしている内容が、本当の意味で元の姿だったのでしょうか。韓国の場合は、往々にして、妄想に基づく思い込みで、「復元」すべき内容を勝手に設定しているとしか思えないのですよ。
曲がりなりにも、それは新たに創出しなくてはならない物ではなく、旧来の物を復活させるだけなのですから、いにしえから存在していた工法によって元通りにすれば良いだけなのであって、恐らくはそうした本来の姿と言うのも、そのように見た目は意外とよろしくなかったのに違いありません。
にもかかわらず、妄想に基づく思い込みが、そうした元来の姿を認めていないがために、元来の姿通りに復活させることを許さず、その結果、かように、いまだに「復元」できていないと言うある種の醜態を招いているのに違いありません。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



テーマ : 韓国ニュース - ジャンル : ニュース

<< 2人前の切符は当然としても | ホーム | 手抜き、裏ワザ頼みでまともな技術がないからだ >>


コメント

もともとの絵具はどこ産なのか

復元の意味を考えてなかったんだね。
スペインだかで、キリストを描いた古いテンペラ画の絵具剥落がひどくて、町の芸術家が善意で修復したら、まるで前衛創作のお猿さんになった事件がありました。
復元前と後のあまりの落差に、しばし唖然として、笑ってはいけないと思いつつ笑った。

今回の南大門もそうとう笑いました。こういうところは外さない韓国。
彼らの場合、これが日本に復讐してやる!になりかねないから迷惑。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP