FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

2人前の切符は当然としても

222キロ巨漢男性 1回のフライトで2席分の航空券を買わされたうえに…

222キロの巨漢男性が、アイルランド行きの飛行機に乗ろうとしたところ、太っていることを理由に、1回のフライトで2席分の航空券を買うように航空会社から要求されたという。

 レス・プライスさんはデイリー・ミラー紙に対し「実際に飛行場に行くと、なぜ1人で2枚の航空券を持っているかスタッフ全員に説明しなきゃいけなかったんです」と、2枚購入することを求められたにも関わらず、「情報共有がされてなかったんですよ」と状況を話した。

 そして、飛行機に搭乗すると、「私の席は3列席のうちの通路側の1席と窓側の1席でした」と明かした。さらに、戻りの便では、「1席が17列目で、もう1つは19列目だったんです!」と怒りを込めた。



引用記事に掲載されている画像、それは単なるイメージ画像でしかないのですが、これだけ肥えていれば、チケットは2人分にとどまらず3人分は必要だったかもしれませんね。何しろ航空機の場合は、単に占有する席の数だけにとどまらず、目方と言う物も非常に重視される物ですからね。
ちなみに「がんばれ!タブチくん」では主人公の肥満ぶりが元となった、実在の田淵選手とかけ離れて強調されていたために、アメリカ行きの航空機に乗った所、あまりの重さで離陸できずに、パラシュートを付けて、タブチくんが外に追い出されたなんて場面がありました。
とは言え、そうした事情をしかるべきセクションに通知しておかなかった航空会社にも問題はありますな。そのために2人分の席が飛んでしまうような形であてがわれてしまったわけですから、客の方もぶちきれたとしても無理はありますまい。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< その中には日本のマスゴミも含まれているかも | ホーム | 妄想ある限り「復元」などあり得ない >>


コメント

ジャイアント馬場というプロレスラーは、身長2mあまりあったそうですが、中学だかのとき、映画館で大人料金を請求されたそうです。

規格外の体も困ることがあるんだなあ、と印象に残っている逸話です。
小柄な人が割安になるならわかるけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP