FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

だからそう言う事は中国から言うべき事ではないだろう

これ以上の追い打ちで中日関係を冷え込ませてはならない
「週刊!深読み『ニッポン』」第53回

「週刊!深読み『ニッポン』」
  中日国交正常化から40年あまりが経過した今日、両国関係は新たな「盛り上がり」を見せるどころか、「史上最悪の時期」に突入してしまっている。昨年9月11日、日本の民主党政権による釣魚島「国有化」は、中日双方に存在していた「領土問題」を表面化させ、過熱化させた。これが今日のこの厳しい局面をもたらした直接の原因だ。(文:陳応和・日本問題専門家)

 中日が対立している今、両国間には政治、経済、文化など政府間や民間における様々な分野での交流が中断されており、これがますます相手を真に理解する妨げになっている。互いの心理的なわだかまりを癒すには、時間をかけてさまざまなルートでの交流拡大は必要だ。政治には局面打開の責任があり、民間も全力で自分の役割を果たさなければならない。

 ところが、今時になっても、日本の右翼政治指導者は、中国に対して行動を伴わない言葉以外に、中国側と同じ方向に向かい、対立を解消する実質的なことをまったくしてこなかった。反対に領土問題がいまだ解決できない上に、靖国神社という「カード」まで切って、火に油を注ぐ様相を呈している。

 日本の右翼政治家は靖国神社参拝という行動によって、自分を支持する右翼団体や一部の日本国民に対して「硬派」の指導者であると印象付けるとともに、中国や韓国などの戦争被害国に「決して相手の圧力に屈服しない」という強硬な姿勢を表現している。



あいも変わらず、支離滅裂な主張です。果たしてこんな主張をして良い物なのかと中国の立場で物を考えたいですな。
中国の立場としては、例によって、日本の側のある種の強硬な主張は万事「右翼」と言う事にされているのですが、まず以てそのような強硬な主張する人間にとっては、中国なんぞはそれほど必要とは考えていないと言う前提がある事を忘れてはなりません。
それに比べて、中国の方も結構わが国に対して強硬な主張をして、彼ら自身が言う「右翼」に自らもなっていると言う感じがするのですが、我が国の場合と違って、中国の場合はお上が率先してそう言う主張をしているのですからね。
それを思えば、この記事にあるような意見が存在する事は、却ってまずいと思うのですよ。
何しろ、こんな主張をする事自体、中国のどこかで日本の事が不可欠だと言う風に思っていると言う事を暴露している訳でして、それ自体は中国にとって弱みと言えるのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ









スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< だから特亜ばかりが世界って訳でもなし | ホーム | 使ってから言うところがますます馬鹿 >>


コメント

相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://1-9.jp/wdg/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP