FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

それがアメリカの思惑の範疇にあるのならミスとは言わない

米国の4つのミス、日本の右傾化を助長

日本の総務相と160人の国会議員が18日に集団で靖国神社を参拝した。安倍首相は前日、首相の名義で供物を奉納し、精神的な面での参拝を実現し、再び侵略の歴史を美化した。安倍内閣の歴史に逆行する言行は、彼らの右翼政治家としての本質を如実に示しており、また日本の政界に普遍的に存在する誤った歴史観、日本社会における軍国主義思想の氾濫を反映している。問題の根源に遡ると、米国にも逃れられない責任がある。

米国は戦後、日本を軍事的に占領し、日本の「絶対的権力者」になった。しかし米国は日本の戦争犯罪を清算せず、軍国主義勢力とその社会的基盤を根絶やしにしなかったばかりか、さらには日本軍国主義の残党が騒ぎを起こすことを放任した。米国の対日政策を振り返ると、主に次の四つのミスが存在する。

(一)天皇の罪を追及せず、靖国神社を放置した。万世一系の天皇と靖国神社は、かつて日本の軍国主義の精神的支柱と象徴であった。日本の侵略戦争において悪質な作用をもたらしたことから、米国は占領当初、天皇の裁判と靖国神社の焼却処分を検討した。しかし戦後2年目で東西冷戦が勃発し、米国は日本を冷戦の手駒にするため、当初の計画を改めて、天皇に手を触れず靖国神社を放置した。これにより日本は、依然として軍国主義の魂に取り憑かれている。日本が東条英機ら14人のA級戦犯を「神社」に合祀し、被害を受けた隣国の公憤を招いた後も、米国は日本を放任した。これは客観的に見て、日本の極右勢力の勢いを助長するものだ。

(二)日本の戦犯を無条件で赦免。戦犯を厳罰に処することは、侵略国の罪を清算し、二度と同じ過ちを繰り返させず、被害者に正義をもたらすため欠かせない措置だ。しかし米国は自国の利益を重視し、圧倒的多数の戦犯に対して「恩赦」を適用した。米国は日本占領中に、岸信介ら19人のA級戦犯を無条件で釈放し、約18万人の罪を犯した日本軍の関係者に対する「粛清」を終了し、日本の政界の要職を占めさせた。この厳罰を受けていない軍国主義の元主要メンバーおよびその追随者が、戦後の日本右翼勢力の基礎を構築し、日本の政界で幅を利かせることになった。



始めに、フィフィいわく、アメリカほど悪行のひどい国もないと言う事です。現実に南米あたりを見て行けば、あながちそう言う指摘も的外れとは言えないでしょう。
元来、アメリカはモンロー主義に見られるようにヨーロッパの争いに関しては距離を置いていて、両大戦に関しても、すぐには参戦しませんでしたが、その一方で新大陸に関しては自国がボスだと言う意識で物を考えていて、南米諸国に対しても子分扱いにする傾向がありました。
その結果、そうした国々における真なる民主主義と言う物は立ち遅れてしまう結果になりましたが、アメリカからすれば、そんな物よりも、それらの国がアメリカににとって迎合してくれれば良いのであって、そのためならばよしんば軍事独裁体制でも良かった訳です。
とりわけ、キューバなどはかつてはバティスタ独裁体制がアメリカとつるんでいて、アメリカにとっても大きな利益を供給してくれていました。
極端な事を言えば、そうした発想が日本にも持ち込まれたと言う事に過ぎず、アメリカ的には別段、中国が主張するような「ミス」と言うには当たらないでしょう。
アメリカらにしてみれば、日本が自国に迎合してくれれば、それでれっきとした国益としてまかり通る訳ですからね。
しかし、アメリカとの関係が中国にとってよろしくない者となっているとすれば、そうした日本の状態が必然的に中国にとって好ましい物ではないと言う事でしかないのでして、もし「ミス」と言う物があるとすれば、むしろ中国の方にあるのではないのではないでしょうか。
もし、中国がアメリカにとって自国の価値が日本よりもましな物であると認識させることができれば、アメリカとしても、中国の思惑に反してまで日本を「野放し」にはしておかなかったでしょう。
結局の所が、朝鮮戦争における韓国の無能ぶりと同じ事が中国にも言えると思うのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 日独以上に仏韓の条件の乖離は大きい | ホーム | それだけ能なしであっても恵まれている部分もあるぞ >>


コメント

韓国こそ軍事衝突の最大の要因

日本が軍備をせざるを得なかったのは、ロシアの極東南下、欧州国のアジア侵略、中華の堕落無抵抗という地政学・軍事力学によるもので、朝鮮も無為無策で失望させることで日本の軍拡を後押しした責任がある。

現在の地政学・軍事力学の問題はシナの軍拡と半島のバカさによるもの。日本のせいではないね。

過去も現在も韓国は軍事的衝突の要因

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP