FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

宇宙戦艦ヤマトのあらさがし②

宇宙戦艦ヤマトのあらさがしの1回目から丸々1ヵ月がたちましたが、別段忘れていたわけではありません。何事もバランスが肝要です。「いきなり黄金伝説」の挑戦みたいなバランスの悪いことをしていては、好きな物でも飽きてしまうことがおうおうにしてあります。当ブログでいろんな物を取り上げたい以上、このような形になってしまいました。あらさがしに興味がある方には大変お待たせしましたことをお詫び申し上げます。<(_ _)>


ではあらさがしの本題行きます!


 


④ ハチャメチャ本土決戦


パート1では、ヤマトはイスカンダルを目指す中間点のバランにて、ドメル率いるガミラス艦隊を破りました。このため、デスラーはガミラス星での本土決戦を決意しました。要するに、もう艦隊はないと言うことでしょうか。


それはさておき、デスラーの発案は、今やガミラスの海は濃硫酸と化し、その上では硫化水素の風が吹くと言う、硫化状態にあったので、ヤマトをここに誘い込んで、腐らせてしまおうと言うものでした。


非効率な作戦 まあ、濃硫酸の海にヤマトを沈めてしまおうと言う考え自体は悪くないのですが、沿岸の砲台から爆雷を食らわすと言ったところから、胡散臭く感じるようになりました。基地に頼る以上、星全体に配置する必要があるのではないでしょうか。もし、総統官邸の近くだけと言うのでは、ヤマトが総統官邸から遠ざかった時点で、ガミラス軍は手出し困難と言うことも考えられます。さりとて、星全体にと言うのも効率悪すぎます。


結果的にはデスラーは都合よく、ヤマトを総統官邸の近くに誘い込むことで、思惑通りに、ヤマトの頭上に爆雷を食らわすことができました。


頭上からは爆雷、眼下には濃硫酸の海という、「前門の虎、後門の狼」状態に陥ったヤマトはそうした窮地を脱するために艦長の発案で、一時、濃硫酸の海にもぐって、その間にマグマの巣(他に良い表現が見つからなかった物で(^ ^;) )を探して、そこに波動砲を放とうと決意しました。


虫の良い効果 艦長が期待したのは、波動砲で海底に穴を開けて、マグマを放出させて、それを地上にあふれさせると言う物でした。しかし、虫の良い話しですねぇ。波動砲のようなべらぼうな破壊力を有した兵器をガミラス星のほうに向けて使用したら、自身をも巻き添えにしてしまうと言う可能性を考えなかったのでしょうか。


果たして、マグマの巣を発見したヤマトはそこ目掛けて波動砲を放ちます。思惑通り、マグマがあふれて、地表を覆うようになりました。この後、ヤマトは浮上して、躍起になったデスラーは爆雷投下再開ばかりか、ミサイルまで発射したので、それらに対する反撃を全力を投じて行いました。


のびてる場合じゃないぞ そうした総力戦のせいか、クルーは過労状態だったのでしょう。戦闘終了後、しばらくの間、のびていました。目を覚ましてみると、ヤマトは上空で静止状態にあって、眼下に滅亡したガミラス星を見ることとなりました。


おいおい、それって、波動砲によってあふれたマグマが星全体に行き渡ったってことかい? それに、よしんば、波動砲の効果が星そのものを壊すまでに至らなかったにしても、クルーがのびるってのはまずいんじゃないかい? のびている間に、艦首が下のほうを向いて、ドカーン! そこでヤマトはおしまーいってことるなるんじゃないの?


では、今回の宇宙戦艦ヤマトのあらさがしはこれにておしまーい。まだまだ続きはありますので、こうご期待。(^0^)/^^^^^


クリックしてくれるとDUCEは┌(^0^)┐ヘーイ、ヘーイ(ひげダンス) こんな風になります。


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : 宇宙戦艦ヤマト - ジャンル : アニメ・コミック

<< 世界の識別マークあれこれ② | ホーム | 命令形 >>


コメント

ややっ

宇宙戦艦ヤマト…、懐かしいですなぁ。
拙僧も、少年のころは夢中になって見ました。
しかし、おぼろげな記憶しか残っていないため、DUCEさんの「あらさがし」に突っ込みを入れることができず、唇を噛んでいる次第です(笑)。

この手のネタ、大好きです。

また、遊びにきます。

おしょうさんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。
わたしにとっても、宇宙戦艦ヤマトはなつかしのアニメであります。
ただいま新たに観ることのできるアニメと言えば、日本テレビで放送する「ルパン三世」かスタジオジブリ製作のアニメくらいでしょうか。あとは、昔放送したアニメの再放送を期待するくらいですね。

それほど詳しくないので

私もアニメはそこそこ見ましたが、佐々木さん?の主題歌は好きなのでカラオケで歌うぐらいかな?
詳しいストーリーを知らないので、つっこめません(゚∀゚)アヒャ

ただ、印象に残っているのは、宇宙戦艦ヤマトが、何も帝国海軍の戦艦大和の残骸の中から?出てこなくても??と思った記憶があります。

ヤマトかあ。
細かいとこはもう覚えてないんでスよなあ。
って、なんか海に潜ったのは覚えてまス。

>波動砲のようなべらぼうな破壊力を有した兵器をガミラス星のほうに向けて使用したら、自身をも巻き添えにしてしまうと言う可能性を考えなかったのでしょうか

ま~さ~に~。
くっくっくっ。

訪問者の方々へ

>tonoさんへ
佐々木さん、声カコイイ←かっぱやろうさんのマネ ですねぇ。洋画でも、「勝利への脱出」でスタローンの吹き替えで登場したのを知っています。

>かっぱやろうさんへ
同じ松本零二原作の「わが青春のアルカディア」でも、テレビ版の中で、アルカディアが濃硫酸の海に潜った場面がありましたよ。むかーし、TBSで放送していましたが、再放送がなく、貸しビデオ屋にあったので、見る事ができました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP