FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

棄民が本音なくせにいいとこどりを狙うからだよ

150万人が留学したまま帰国せず なぜ帰ってこないのか=中国

中国メディア・新華網は24日、史上空前の留学ブームのなかで、留学生の半数以上が中国に帰ってこない状況を紹介し、その原因を分析する記事を掲載した。

  記事は、2012年末までの留学による累計出国者数が264万人に達した一方で、留学から帰国した人数は109万人にとどまり、150万人を超える「留学赤字」現象が生じたと紹介。また、年々留学者数が増加する中で、年間の「留学赤字」が7万人近くにまで上ったとした。

  また、近年では帰国する留学生が年々増加傾向にあるものの、その多くは非エリート人材であり、エリート人材が留学先にとどまる傾向は基本的に変わっていないとする分析を紹介した。

  そのうえで、持続的な「留学赤字」が人材の流失をもたらし、中国の高度経済成長にも影響を与え、イノベーション不足も招いたとする専門家の分析を紹介。また、この状況を脱却するために中国政府が近年、帰国学生向けの創業パーク建設や、外国からの専門家招へいといった策を講じたことを伝えた。

  その一方で、政府による人材流出防止策は金銭や家屋を与えるという「モノ」による食い止めにウエイトが置かれており、創業の環境や研究体制といった部分でも策を練る必要があるとする専門家の分析を併せて紹介した。(編集担当:今関忠馬)



そもそもが、ここで主張されている事が本当なのかとい事が怪しい物です。どうも自分には、ある種の棄民政策的な物が、その中にあるような気がします。
本来ならば、自国にとって役に立つ人材の獲得と言う事が国策として重視されるべしと言う考えがあるのであれば、国家が奨学金を出して、留学が全うしたならば、必ず帰国すべしと言う釘を打っておくべきなのですが、我が国なんかを見てみれば、我が国の政府が奨学金を出して招聘している有様でして、裏を返せば、中国側は何にもしていないと言う事じゃないでしょうか。
そんな状態で、もし留学が行われるとしたら、全く本人の自己都合、利己的な要因に基づいて行われる物でしかないのですから、ここで言われるエリート人材にしてみれば、戻る筋合いなどないとそっぽを向いたとしても、当然の子事でしょう。
逆に戻ってくる非エリート人材と言うのは、向こうで物にならなかった連中でして、かような連中こそ、排除したかったのではないでしょうか。いずれにしても、中国政府が奨学金を出した訳ではないですから、棄民政策的視点からすれば、ただで厄介払いができるとある種のダメ元的な発想が有ったのでしょう。
それが根っこにある以上、たまに出て来る出来のよろしい人間だけが戻ってこないと言う事を嘆くなんてのは虫が良すぎると言う物ですよ。
ちなみに、日本政府が奨学金を与えて留学生の招聘を行うと言うのも、中国からすれば、ますます厄介払いが容易になると言う点で歓迎されている事でしょう。
こうした政策を往々にして、外国から優秀な人材を集めようとする政策だと言われていますが、どうも自分には逆に厄介者を抱え込んでいるような気がするのですよ。
何しろ、真に外国にとって優秀な人材だと言う自覚があるのならば、自国で奨学金を出して送り出し、必ずや帰還させるでしょうからね。それを思えば、日本が出すお金によってやって来る連中は彼らにとってどうでもいい連中なのです。戻ってこなくてもいい連中なのですから、よそがお金を出してくれると言うのであれば、渡りに船なのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 希少価値な存在だったからあたかも特別な物かのようになっている | ホーム | 強欲国民と甲斐性なし政府 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP