FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

だから私生活的な視点も考慮しろっての

女性の投票者の方が多いのに、「男女平等、日本は世界105位」状況の謎

今朝起きるとこんなニュースが。男女平等指数、日本3年連続低下の105位 世界経済フォーラム  :日本経済新聞 この記事によると日本は調査対象136カ国のうち105位で前年より4つ下がった。 識字率や高校までの教育水準の格差の少なさでは1位だが、女性の就労者や政治家が少ないことが全体の評価を下げている。  WEFは女性の地位を経済、教育、政治、健康の4分野で分析している。



往々にして、女性のなんかしらの社会進出の度合いで平等の度合いを推し量ろうといする発想が多いようですが、どうも自分にとってはそうしたやり方が必ずしも好ましいとは思えません。
政治の場においても、我が川崎市においても、去る27日までの話ですが、女性市長を送り出そうなんて叫んでいる所がいますが、こう言うのこそ却ってフェミニスト的な発想がにじみ出ているのではないでしょうか。
そう言う役目を担うのに、別段男でも女でも構わんではないかと思うのです。上記のような主張は場合によっては女優位の発想から出ているのではないとか思う訳ですよ。
その他の社会進出においても、「男性と競い合っている」なんて表現は必要ない。必要なのは、せいぜいの所が自らが得ているポジションに関する競合であって、性別で争う物ではないと言う事です。
昨年には当ブログではアニメーションの「OL改造講座」と「おじさん改造講座」との比較を行いましたが、そこでは別段OL側で「おじさん」ほどに出世に躍起になろうと言う場面が取り上げられる事はなく、むしろ超過勤務だに、厄介ごととしてばっくれる場面があった事を取り上げた物です。
自分自身は男ではありますが、出世と言うのを一種の厄介ごとと考えており、それにかかわらずとも自分にとって好ましい生き方と言う物を追求できれば良いではないかと言う思いが強いです。そもそも私生活的には女性の方が有利な面が多い事は大いに指摘できる事ではないでしょうか。
フィットネスの広告なんかでも、大抵の場合は若い女性が用いられる物でして、かような男女ともに利用出来る物に関してはどうも女性中心に需要を追求されて、男相手の需要追求と言えば、どうも男専用の分野に限定されていると言う気がするのですがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




 

スポンサーサイト



テーマ : 人権 - ジャンル : 政治・経済

<< 中世封建制といくさ⑤ | ホーム | 希少価値な存在だったからあたかも特別な物かのようになっている >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP