FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

こんな事があっても日韓友好はあり得ないからな

清渓川の貧民を救った日本人牧師、ソウル市名誉市民に
ソウル市、野村基之牧師に名誉市民の称号授与

 「ソウルをこれほど美しい街にしたソウル市民の犠牲や献身に対し敬意を表する」

 28日、ソウル市の新市庁舎で行われた同市名誉市民選定記念式典で、野村基之牧師(82)=写真=はこう述べた。野村牧師は1970年代、清渓川で貧しい人たちを救う活動を繰り広げた功績により、この日ソウル市名誉市民に選定された。同市は1958年から、市の発展に貢献した外国人たちを対象に、名誉市民の称号を授与している。

 野村牧師が韓国人と初めて関わったのは、植民地時代の1930年代だった。京都に住んでいた野村牧師は5歳のとき、近所の人たちが韓国人に「朝鮮人」と罵声を浴びせるのを目の当たりにし、小学生のときには韓国人の児童2人がクラスメートから仲間外れにされるのを目撃した。当時は幼かったため、状況を理解するのは困難だったという。

 米国に留学したときには、一部の米国人が日本人に対し「韓国人に接するような」態度を取っているのを見た。このとき初めて、韓国人たちが日本でひどい仕打ちを受けていたことに気付いた。

 1968年、初めて韓国を訪問した野村牧師は、清渓川周辺に暮らす貧しい人たちを見てショックを受けた。そして80年代半ばまで、約50回にわたって日本とソウルを行き来し、清渓川近くの教会で、貧しい人たちを救う活動や宣教活動を支援した。野村牧師は式典で、今後の抱負についてこう述べた。「これまで韓国人に対し尊敬の念を持ち、奉仕してきた。これからも続けていきたい」

オ・ユギョ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


ここで見る分には、国家と個人とは結構一致しない物だと言う事が窺い知ることができる部分があります。この牧師の子供の時の韓国少年の「惨状」に関しても、そもそも日本人と同じ学校へ通う事が出来ると言う事に関してはいまだに、ある種の違和感を持たなかったのでしょうか。
それ自体は法定上の平等が存在していたからでして、国策としての差別が露骨に進行していたならば、さように同じ学校へ通うなんて事はあり得ないはずなのですよ。
そして今では、この牧師が両国間の反目とは無関係に、韓国人に対して慈善行為を行っています。それはあくまで牧師個人の行為であって、決して両国間の友好とは関係ないと言う事ですよ。
わが国には、往々にして、おめでたい事に、そう言う事例を見てしまうと、すぐに日韓友好の懸け橋だなんて言いたがりますからね。
改めて言えば、韓国人目線で言うならば、この牧師に対して好感は持てても、依然として日本に対する嫌悪感はなくならないだろうと言う事です。個人の慈善行為なんて物は、所詮その程度の物。安易に両国間の友好の懸け橋への昇華だなんて事は考えないで、もっぱら個人的な慈善行為として割り切って欲しい物です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







スポンサーサイト



テーマ : 韓国ニュース - ジャンル : ニュース

<< 超が付くほど狂気 | ホーム | 韓国製の靴はすぐに底に穴が開くのだろうか >>


コメント

今頃 顕彰だって

>>韓国人に「朝鮮人」と罵声を浴びせるのを
なんで罵声なのか? では、どう呼べばいいのか? 「日本人」と呼べば差別ではなかったのか?
不思議な風景

しかし、日本を訪れた多くの欧米人は、日本人の好奇心や朴訥さから異文化に関心を寄せるさまを報告していますよね。朝鮮人に新規で肯定的な側面があれば、日本人の先人は肯定的な好奇心を示したと思います。
別の側面がなかったかも検証が必要。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP