FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

要するに公害は外国にまき散らすなと言う事だ

基準値を超えても深刻な影響はなし、寿命は伸びてる―PM2.5で専門家

中国湖北省の武漢大学で27日、「第45回アジア太平洋地区公衆衛生学術連盟会議」が開かれた。世界30以上の国・地域から衛生分野の専門家ら600人余りが集まり、「世界の健康」をテーマに意見を交わした。武漢晩報が28日伝えた。

会議では中国や周辺国で大きく注目される微小粒子状物質「PM2.5」の問題が注目の的となった。「大気汚染ががんを引き起こす」とのある専門家の指摘が先ごろ話題になった。武漢大学公衆衛生学院の毛宗福院長は「PM2.5は、少なくとも多くの呼吸器系の病気の原因となる」と述べた。

北京大学公衆衛生学院の孟慶躍院長は、「PM2.5は小さすぎ、個人では防ぎようがない」と指摘した。同氏はかつて、北京に住む外国人の友人に「PM2.5対策でマスクは意味がない。防毒マスクを使うしかない」と冗談を言ったことがあるという。

PM2.5の濃度が基準値を超えた場合、命の危険があるのだろうか? この疑問に対して孟氏は「基準値を超えても深刻な影響はない。中国人の寿命は以前より伸びている」と語った。

(編集翻訳 恩田有紀)




まさかこれが中国の共通認識と言う訳でもありますまい。あんなとんでもない環境でしれっと生きていられて、寿命の減少が生じないとしたら、さながら放射能まみれのガミラス星みたいな物じゃないですか。
それだったら、なまじ公害まみれの空気は彼らの肺にはなじまない物だとして、よその国には来ないで欲しいですな。ましてや、そうしたよその国に居つくために、自国の公害を、さながら遊星爆弾の如くまき散らすのも御免こうむる。
しかし、こんな事を主張する一方では、日本相手には、共同で公害対策をしようと働きかけている人間もいるのですよねぇ。
やはり、住む環境が著しく異なっていると、物の考え方も著しく異なって来ると言う事なのでしょうねぇ。どうせ、あの国のインテリは、空調の整った室内で、公害なんぞは知らぬ存ぜぬ小島よしおで物を考えているのですよ。

( `ハ´)そんなの関係ないある!

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< 過去に対する謝罪をしたら援軍を受け入れてやるニダの巻 | ホーム | 超が付くほど狂気 >>


コメント

全体主義に、「お抱え学者」は必需品だね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP