FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

世界の識別マークあれこれ②



さて、前回の連合国の識別マークに引き続き、今回は枢軸国の識別マークについて解説していきます。枢軸国の場合、フィンランドを除いて、第二次世界大戦当時の体制が続いていないために、国旗の変化はともかく、識別マーク自体が当時のものがいまだに有効かどうかは保証の限りではありませんが、しかも、ドイツ軍以外は容易にそれを見る機会がありませんでした。



④フィンランド軍の場合

フィンランド軍の識別マーク(左が第二次世界大戦当時、右が現代のものです)




 


⑤イタリア軍の場合


ドイツの鉤十字の場合は、国旗になったために知られていますが、イタリアではファシスト党が台頭したのにもかかわらず、1922年のローマ進軍以降になっても国旗の変更はありませんでした。ドイツと違って、イタリアの場合、1848年以来(当時のイタリアは未統一の状態で、サルデーニャ王国が中心になって統一を進めました)の国旗が継続されていました。


要するに、ファシストと言えども、所詮はイタリア人の端くれで、緑・白・赤の三色旗を変更する発想は持たなかったと言うことになります。そのために、ファシスト党の紋章はあまり知られた存在とはなってはいません。


ファシスト党の紋章は、斧を藁でくるんだような代物で「ファスケス」と呼ばれていました。これはもともと古代ローマ帝国に存在したものであって、イタリア人ならでの発想といえましょう。


さて、第二次世界大戦当時のイタリア軍の識別マークにつきましては、ドイツ軍と違って、戦争映画でも容易に見ることはできませんでした。何しろ、イタリア製の戦争映画ですら、イタリア軍が出てくると言うことはめったにありませんでしたので。


最近、戦記本で判明したところによりますと、上記にあげたファスケスを単純化したものを三本、白地の丸の中に書き込んだものでした。戦車用は、黒い線で描かれた丸の中に黒いファスケス3本です。


これは、国旗が反映されていないと言う点で、ある意味珍しいケースと言えるのですが、ただ、体制を反映していると言う点では間違っていないので、合格? と言うことにしておきましょう。




ナチスドイツと言えば、鉤十字がシンボルマークとして有名ですが、識別マークに鉤十字を用いていたのは、意外なことにフィンランドでした。もっとも、これは第二次世界大戦当時のことであって、さすがに現在では変更されています。ちなみに鉤十字はスウェーデン義勇兵によって持ち込まれたものです。


航空機用と戦車用との比較からするに、航空機用のほうが最初に出来上がったと推測されます。航空機用は白い丸の中に青い鉤十字です。これは国旗が反映されていることを示しています。


戦車のほうは一部に白い縁取りの付いた黒い鉤十字が識別マークとして用いられました。


ちなみに現代のフィンランド軍の識別マークは内側から、白青白の三重丸で、これは第二次世界大戦当時の制帽の帽章として用いられていたものです。





世界の識別マークのあれこれ②終了、次回はメインディッシュのドイツ軍です。




まいど訪問いただきありがとうございます。クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 手押し車 | ホーム | 宇宙戦艦ヤマトのあらさがし② >>


コメント

やはり

識別マークってのは、○が基本ですかね。
大戦中(今も?)フランスとイギリスの空軍(戦闘機)のマークが似てなかったかな?
記憶がおぼろげで申し訳ないですが。。。。

そういう意味でも、日の丸はシンプル明解で良いですね。

そうだった!

すっかり忘れてたけど、確かにフィンランド軍はこんなだったww
イタリアは………全然覚えがないなぁw
でも、統領は「古代ローマ帝国」の復興を目指してたと聞いてますので、古代ローマ帝国由来のものがあっても不思議ではないのでしょうね。
なぜか「ローマ式敬礼」は「ナチ式敬礼」とか言われてますけどwww

こんにちは

漢字の「田」の字も、もとをただせば鉤十字からきたという説がありますなぁ。
つまりは、古来より世界中で使われていたマークのようです。
それを、ナチスが見事に貶めてくれました。

訪問者の方々へ

>tonoさんへ
イギリスの国旗である、ユニオンジャックはフランスと同様に、青白赤の三色で出来上がっていましたので、似ています。ただ、イギリスのほうは、中央が赤なので(フランスは中央から青白赤)、極東で使用する際は、日本軍と間違われないように、中央の赤を抜いている場合もあります。
下記に、現代の識別マークを掲載したサイトを紹介しますので、ご覧ください。
http://cocardes.monde.online.fr/v2html/fr/cartes/carte_monde.html

>阿麗さんへ
右腕を高々上げるあの敬礼はもともとは古代ローマ帝国のものですから、最初はファシスト党が採用したものを、後からナチ党などで採用になりました。世界的にもナチスのほうが有名ですからねぇ。ナチ式になってしまったのでしょう。

>おしょうさんへ
武装親衛隊の師団のマークの中に、「田」に似た丸型の鉤十字がありました。それはもともと日輪を意味したそうです。

「ファスケス」
知らんかったス。
そういや、見たこともないなあ。
やっぱり日の丸が一番いいやあ。

かっぱやろうさんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。
枢軸国の中でドイツだけがメジャーで、他の国はことごとくマイナーな存在なんですよ。国旗にないと、わかりにくいですね。

>やっぱり日の丸が一番いいやあ。
同感です。(゚∀゚)イイ!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP