FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

要するに北朝鮮は友好国だからどうでも守ると

韓国の3大原則…日本に独断で北朝鮮攻撃させない「くさび」

韓国政府が日本に集団的自衛権議論に関連して3大原則を提示したのは、過去の歴史への反省が前提にならない限り決してこれを容認すべきでないという韓国内世論を無視できないが、それでも日本国内の議論を放置することもできないというジレンマのためだ。現在、安倍晋三首相の私的諮問機関である「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」は、集団的自衛権の広範囲な、ほとんど全面的な許容を主張する内容の提案書を近く確定する予定だ。これを土台に首相官邸・外務省・防衛省、さらに来年1月にスタートする国家安全保障会議(NSC)が最終調整することになる。

現在、米国や欧州連合(EU)・豪州などの国際社会が日本を積極的に支持している状況も韓国としては負担となっている。日本の集団的自衛権の行使擁護論は、米国内では政府だけでなくヘリテージ財団など有力な民間シンクタンクにも急速に広がっている。

米戦略国際問題研究所(CSIS)のロビン・サコダ研究員は最近「米国観点から見た日本の集団自衛権」という報告書で「これは米国との協力および戦略的調整を強化できる歓迎に値する進展」と強調した。有力シンクタンクのアトランティックカウンシル(AC)も「過去の問題で対立する韓国・中国の憂慮はあるが、日本が軍事強国に浮上するまでには時間がかかり、今すぐ心配することではない」として「安倍政権の軍備強化(militarization)は経済・戦略的側面で米国にとっては肯定的」と評価した。

15日に赴任したキャロルライン・ケネディ駐日米国大使も24日付の読売新聞とのインタビューで「(集団自衛権行使のための憲法解釈変更は)最終的には日本国民の問題」として「米国と日本が共通の課題・脅威に対処することを歓迎する」と話した。ケネディ大使は「日本ほど重要な(米国の)同盟国はない」とも言い切った。

「3大原則」の中で最も目につくのは韓国憲法との整合性を強調したものだ。大韓民国憲法の第3条は「大韓民国の領土は韓半島とその附属島しょとする」と規定している。9回の憲法改正でも助詞1つ変わらなかった。北朝鮮が韓国の領土であることを明確にすることによって「同盟国である米国に向けたミサイルが確実だと判断されれば、これを(北朝鮮上空内でも)迎撃できる」という日本の一部の主張に釘を刺す側面がある。すなわち「韓半島のどこであっても日本自らの情報に立った恣意的な判断と行動は決して容認しない」というメッセージを送ったのだ。これは「統一以後」を想定したものだ。

一方、韓国政府は3大原則には入れなかったが日本が集団的自衛権を口実とした独島(ドクト、日本名・竹島)に接近しようとする試みを根本的に遮断する方案も検討中だと伝えた。外交消息筋は「今後、米国側に『独島は決して日米安保条約の対象にはなれない』という立場を明確に伝える方針」と話した。



タイトルに基づけは、韓国は北朝鮮を、日本からの「侵略」から守るために努力する意図があると言う事になります。まあ、何しろ本来、韓国からすれば、北朝鮮は現在進行形の戦争状態にあると言う事を失念して、いにしえからの反日感情に基づいて、対日国防において非常に熱心なのです。
裏を返せば、同じ民族と言う事もあってか、それほど敵対心が強くないと言う事になります。
ちなみにドイツなどはいにしえからの分裂過多状態でして、その中でもバイエルンなどは、同じドイツ人中心で成り立つプロイセンよりも、異民族で成り立っているフランスの方に迎合する傾向が大でした。
それだけに普仏戦争の時は、ナポレオン三世も、はなからバイエルンが味方に付いてくれると高をくくっていた物ですが、そうした高い確率で起こり得るべき思惑が大外れで、バイエルンがプロイセンに付いた事もあって、そのいくさではフランスの大敗北と言う事になりました。
ましてや、朝鮮人の場合は内訌がひどいのですからね。それで朝鮮戦争の初期は惨めな状態にあったのでしょう。そう言う現実がありながら、いまだに日本の「侵略」と言う妄想中心で物を考えているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 妄想だけならジャイアンになれる国 | ホーム | いっその事北に寝返る算段を考える事だな >>


コメント

韓国も北朝鮮も平等に信頼できないね
これらの日本敵視の国民が大勢いるんだから、すごいよ日本って。

にしても、北朝鮮なんか侵略するわけない。何のメリットがあると言うのか。
そこをぜんぜん示さない韓国メディア

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP