FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ここでは昔同様政府の方が抑制気味なのだが

中国在日大使館の華人支援準備は、対日開戦を想定してのこと!?―中国ネット

2013年11月25日、新華社通信によると、中国在日本大使館が今月8日、「重大で突発的な緊急事件」が発生した場合に備え、華人の個人情報登録の呼びかけを始めたことが明らかとなった。同大使館は同日より個人情報の任意登録の受付を開始。情報をもとに華人の支援を行うという。同報道に中国のネットではコメントが殺到。以下のその代表的な意見。

「これが何の前触れか、皆はわかるはずだ。準備をする時が来た」
「在日の中国人はすぐに帰国だ。そして直ちに開戦だ!」
「習近平(シー・ジンピン)国家主席、李克強(リー・カーチアン)首相、日本と開戦すべきだ。国民が戦争で苦しむことなど考えなくてもいい、中国の繁栄のため、子孫の将来の安寧のため、我々は一心に日本を叩く」

「政府は本気で開戦するつもりか?」
「尖閣諸島での両国のにらみ合いに、中国軍がしびれを切らしたのだろう。どうなるか予想がつかない」

「大使館は華人のことを全力で守ってくれるの?」
「戦争が起これば、在日華人らが酷い目に遭うかもしれない」
「本当に開戦するなら、日本の庶民は攻撃しないでほしい。彼らには何の罪もない。中国に対し過激な態度を取っているのは右翼と軍国主義の政治屋だけだ。日本の庶民も我々と同じように平和を望んでいる」(翻訳・編集/内山)



思えば、支那事変も、本来は政府も軍中央も本来は抑制的でして、現場の方がより危機感が強くて、しかも世論も暴支膺懲で凝り固まっていた傾向が強かったですからね。それを思えば、後ろの方はあまりあてにしない方がいいと思うのですがねぇ。
要するに、行きつく先は日本から出て行けと言う事ですよ。別段いくさがない時代にあっても、在日の連中の犯罪度合いが高いと言う事は、中国も韓国も似た者同士でして、普段からして歓迎べからざる存在なのですよ。

シッシッ(#゜Д゜)ノ.;' (; `ハ´)アイヤー

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

<< お互い「親しみを感じない」の結果で嬉々としよう | ホーム | 状況のいかんを問わず韓国に見習う余地があるのだろうか >>


コメント

日本は謀略は下手だろうな・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP