FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ナンセンスなる無防備都市宣言

China free


先週の木曜日は山梨県は清里まで行ってきました。なんにしても、こういうときは晴天に限りますなぁ。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ画像 005
川に架かる橋。いわゆる東沢大橋です。どうです。いい眺めでしょう。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

さて、最近、川崎市では無防備都市宣言条例を立ち上げようと、署名活動が行われました。わたしが勤める会社のどまん前でも署名活動が行われ、直接誘いがありました。当然、忌避しましたがねぇ。
なんともまあ、ナンセンスなことを行うのかとわたしは批判的な側であります。
まず以って、この種の宣言を行うことができるのは、自治体ではなく国であり、しかも、平時から宣言できるものではないということであります。まあ、こんなことが平時から宣言できるのであれば、どこの国でも多くの都市が宣言しかねませんねぇ。然るに、それが分からないのは日本くらいということでしょうか。
その点のところを抜きにしても、ナンセンス、矛盾だらけ。そんなことが目立ちます。これから戦ういくさを勝利するという前提があれば、いくさは万事国外で行うという発想になるでしょう。
ちなみに大戦前のソ連では、侵攻してきた敵軍は神聖な国土を踏ませないよう、国外で撃破して追い払うという教義でした。迎撃するのに、自国領地を踏ませないというのは不可能だと思いますが、少なくとも、勝利を前提としている以上、的外れな教義ではないと思います。
それに対して、無防備宣言が必要とされるのは、負けいくさのときであります。それを平時から宣言するということは、いくさの行われる以前から負けいくさを前提としているという、一種の破廉恥な発想に他なりません。
そして、いくさに勝っている側が往々にして、ルール違反に走るということは良くあることを、改めて思い知るべきであります。ましてや、川崎市の場合、東京都と横浜市に隣接しており、しかも、細長いともなれば、攻撃する側としては、川崎市だけをよけて攻撃すると言うことは難しいでしょうし、しかも、そのように律儀によけてくれるとは考えがたいですね。
もし、無防備都市宣言違反に対する制裁が存在するとしたら、それは報復以外にありえないのですよ。だから、勝者のルール違反がいにしえからまかり通ってきたのであります。

日本の常識は世界の非常識! クリックお願いします。 <(_ _)>  
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

<< 中国とんでもウォッチング⑭ | ホーム | 三枝の笑ウインドウ21 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP