FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離65

「利益認識の乖離」第65回目です。
物やサービスを享受する側にしてみれば、それが芸能や風俗のような物でなければ、あまり、供給する側が誰かと言う事に関しては大して関心のない事であります。
にもかかわらずそうした物を供給する側は、往々にして直接担当した社員が名刺を差し出して、特定の存在を誇示する、あるいは会社の方で誇示させると言った方が良いのでしょうか。そうした事をやりたがります。
とは言え、いくら特定の人間の存在を指し示したとしても、所詮は、客からすればその会社の代理人程度の感覚でしかなく、その社員が別の人間にとって代わったとしても、それほど抵抗感なく受け入れられるのではないでしょうか。
そう言う現実がある以上、個人の成績と言う概念が強調される事は誰にとっても好ましい物とは思えません。
個人の成績と言う概念がまかり通れば、大なり小なり員数付けと言う発想が生じて来る事は避けられないはずなのに、往々にして会社は個人の成績と言う概念に固執する物です。
そのくせ、それに見合った社員の既得権の保障と言う事に関しては無関心で、ましてや、客にとって個人の成績と言う概念が不利益になるのであれば、容赦なく、それにこだわる社員を切り捨てる事だってやりかねません。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< 独立しているのに何をほざくか | ホーム | 厳寒が当たり前な物にとってはこの程度の寒さは暑いの範疇に入るのだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP