FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

独立しているのに何をほざくか

「うま年女は強い」 日本の迷信に振り回される韓国
来年はうま年、懸念される出生率低下

 2014年は、ベビー用品業界と産婦人科の医師たちが最も恐れる「うま年」だ。色でいうと、青いうま年(甲午)に当たる。うま年には出産自体を控える夫婦が増える。「うま年の女性は強い」といった言い伝えのため、娘が生まれることを懸念するのだ。これまでも、うま年の出産率は毎回低かった。その代わり、男児の出生率は増加した。人口グラフにまで影響を与えるこのうま年説の由来は、一体何なのか。

 結論から言うと、うま年説は日本から入ってきた迷信だ。社会全体的に反日感情が強い国で、科学的な根拠が全くない日本の迷信の影響で出産率が低下するという喜劇が演じられているのだ。



。。・゜・(ノ∀`)σ・゜・。いーーひっひ!日帝の迷信だって。

当然のことながら、この「迷信」は日帝が強制したわけではないのです。かように自ら迷信だと言うのであれば、それをはなから忌避する選択だってありそうな物です。
ましてや、今は独立状態にある訳でして、日帝の「強制」すらないのですよ。それでいながら、いまだにそうした「迷信」に振り回されているとは、いかに韓国人が愚かしいかと言う事を自らさらけ出している1つの事例だと言えましょう。
今さらながらとは言え、それを日帝の迷信だと言うのであれば、とっとと日帝残滓として排除する事ですな。

(# ゜Д゜)バ~カ <`д´; >アイーゴ

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 「品のない」わが国とかかわるな | ホーム | 利益認識の乖離65 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP