FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国抵抗運動馬鹿列伝⑭


China free


日韓併合以降、韓国人は日本侵略に対抗すべく、猛烈な抵抗運動を展開したと彼らは主張してきました。←出し抜けながら、すでに本題始まっていますよ。(^0^;)
当然、抵抗運動と言うわけですから、半島に鎮座する日本軍、警察官を相手に抗うことになりますが、彼らの主張するところでも、駐屯していた日本軍は2個師団。警察官は2万人でして、多いとはいえませんでした。
彼らにしてみれば、日本とは戦争状態にあったのでしょうが、後に行われたアメリカ軍が派遣されたベトナム戦争に比べれば、別段、いくさとして国際的に注目の的になった事実もありませんでした。
さて、彼らの主張する悪政といえば、各種の略奪搾取が取り上げられます。まあ、この種の言葉は陳腐ながらも、悪政の「基本」として、当然あがるべきものであります。この言葉を実行に移すべく、古今の多くの悪政を行った為政者たちは、軍隊警察を動員して、苛斂誅求に走ったことは往々にして後世に残っています。
しかし、そうした悪政を行うものにとっては、いったん、略奪搾取を行ったならば、それ以上のことは無関心になるのが普通なのではないのでしょうか。それらの目的にかなうものでなければ関心の対象とならないのが普通であります。
しかし、韓国の主張にある日本の「悪政」の1つとして、創氏改名や日本語学習の強制などが取り上げられています。なるほど、彼ら、そうしたものを受ける側の立場に立てば、苦痛極まりないと言う解釈も成り立つでしょう。実際、わたしなども、中学での英語教育は嫌いなほうでした。
しかし、こうしたものを課す側の立場としては、悪政としてのメリットは果たしてあったのでしょうかと言う疑問が生じます。単に支配の対象とする連中にとって苦痛なだけで、何か得になることはあるのか? むしろ、そうしたことに経費がかかるくらいならば、放置しておいたほうが良いのではないのか? 韓国には、どうも支配者側の立場で「悪政」を考える発想が欠けているとしか思えません。
当然、悪政の部類にある以上、創氏改名や日本語強制を拒否する韓国人に対して日本は、投獄、殺傷も辞さずと主張しているわけですが、本来、抵抗運動に対応すべく、軍隊や警察は忙しくあるべきであって、そんなことまでやっている暇などあるのかしらん?と言う疑問も付きまとってきます。
考えようによれば、それは、抵抗運動自体が能無しの集まりか、はねっ返りの少数派によってなされているものに過ぎず、警察官自体も暇をもてあましていたと解釈せざるを得ないのではないのでしょうか。
(# ゚Д゚)バ~カ <`д´; >

続きはまた次回ということで失礼いたします。<(_ _)>

 クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 映画に見る外国人問題 | ホーム | 中国とんでもウォッチング⑮ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP