FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

褒める事と褒められる事②

「褒める事と褒められる事」第2回目です。
褒められようとする事が、大かれ少かれ利己的な発想から成り立っているとしたら、逆に褒める側に立つ事なんかは、もっと露骨に利己的な意図によって成り立っていると言えましょう。
褒められる側は、自らの行為によって褒められるも褒められないも成り立つのですが、褒める側と言うのは、他人の行為に依存しているからです。そして、往々にしてそうした他人の行為が自分にとって得になるかならないかによって、褒めるほめないが選択されているのです。
そこでは、まずは自分にとって得になる事を他人がしてくれているかが問題なのであって、そのためにその他人がどんな苦労をしているかなんて事は二の次なのです。
まあ、そうした行為が偶発的な状態の元で行われているのであればともかく、少なからずの行為が始めから意図的に他人に対して負担を課す事を求める所から始まっているのです。
そのように考えたならば、単に他人をほめるだけで済ますと言うのはいかがな物かと思います。ひょっとしたら、そこでは褒めるのではなく謝罪するのが正しいのかも知れません。
何しろ自分にとって得になる事を、その他人がしてくれたのですからね。にもかかわらず褒める行為によって、あたかも自分がいい奴だと見られたいと考えているとしたら、それこそ非常に怪しからん行為であって即刻辞めるべきです。むしろ、他人に対して迷惑を掛けたと言う意識を持つべきではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< そんな事はよそから言われる筋合いじゃねぇ | ホーム | 何とも珍しい事が起こった物だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP