FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

東京裁判の被告を非難しても、さらなるいくさの準備はできると思うが

安倍首相のダボス会議その後 「さまよえる靖国」(13)

安倍晋三首相がスイスのダボス会議で「英独は多くの経済的関係があったにもかかわらず第一次世界大戦に至った歴史的経緯があった」と述べたことが波紋を広げたが、発言を引き出した英紙フィナンシャル・タイムズの著名コラムニスト、ギデオン・ラクマン氏が安倍首相を「変革させる可能性を持ったリーダーだ」と高く評価したことは日本には伝えられなかった。

ダボス会議という国際舞台での安倍首相の「パブリック・ディプロマシー」はある意味で成功したといえるだろう。靖国参拝の外交への影響はともかく、「再び戦争で人々が苦しむことがないよう不戦の誓いをした。他の国々の指導者と同じように戦没者を追悼した。中国や韓国の人々を傷つける気持ちはない」と正直に話したことを、辛口で鳴らすラクマン氏は否定しなかった。(以下略。詳細はリンクより)



改めて思いつくに馬鹿ばかりだ。よしんばそれが「犯罪者」の礼賛だとしても、別段次のいくさを準備する事ではないのです。
逆を言えばはなからいくさの準備で物を考えるのならば、東京裁判の被告はもっぱら反面教師にする対象であって、少なくとも無視をしたっていくさの準備はできるのですよ。
ソ連だっていかにロマノフ朝の打倒をしても、それは国内における権力横取りの行為であって、外国に対して似たような事をしないとは限らないし、現にそれをやった訳ですからね。
要するに、いくら我が国が勝者側に倣って東京裁判の被告に対する態度を否定的に取っても、それと無関係にいくさを始めることは可能でしょう。
あいつらは馬鹿だ。負けやがって。自分だったらもっとましにいくさができるぞ。そんな解釈だって可能なのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



テーマ : 靖国参拝 - ジャンル : 政治・経済

<< 利益認識の乖離70 | ホーム | 物乞いとぼったくりだけは本物の偽僧侶 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP