FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

よその星と共通化できないもの

China free


おはようございます。今日は珍しくSFに関して述べていこうと思います。このブログでも、前に「宇宙戦艦ヤマト」に関して、いろいろ突っ込んでみたように、わたしはいろんなSF物をアニメや実写版で見てきました。
それらは当然、架空な物でして、現代の技術は言うに及ばず、ことによったら、未来永劫ありえないような事も作品中に登場してきます。もちろん、ここでは、そんなのありえねぇ、などといちいちけちをつける事はいたしません。大体、既に視聴してきた訳ですからね。とりわけ、よしんば真空中だからと言って戦闘場面で音が出ない場面を見せ付けられても詰まらないじゃないですか。音があってこそ、それなりの楽しみがあるのですよ。
では改めてみなさんに伺います、SFの中で現実にありえないと思う物があるとしたら、まず何をあげるべきでしょうか。わたしは時間の共通化が不可能だと思います。
これから、ますます技術が進歩してよその星への移民が可能になったとしましょう。もっとも、それらは移民先が地球人にとって必ずしも住めるところではなく、南極基地みたいな物を作って、その中で暮らすと言うような事もあり得るでしょう。
そうしたよその星で暮らす場合、地球人ならば地球で出来上がった各種の基準や流儀を持ち込んで暮らすでしょう。言語や法律は没問題で、長さや面積、体積もまたしかりだと思います。重さにしても、違う星では引力が異なりますから感覚上では異なるでしょうが、質量を基準に考えれば、その辺のところはクリアできるのではないのでしょうか。
しかし、どうしても共通化できないのが時間であります。
そもそも、地球にあって1日は地球が1回自転する速度、ひと月は月が地球を一周する速度、1年は地球が太陽を一周する速度を基準にして考え出された事を思えば、それぞれの星で独自に設定しなくては不都合が生じるのではないのでしょうか。
天体に関する知識がちょっとでもあれば、太陽系の惑星の自転、公転の速度がまちまちである事はご存知だと思います。
よしんば基準とすべき恒星の周りを365日で一周する惑星があったとしても、1年をどこから始めるかはその星の環境によって決めるでしょう、そうなって来たら、地球と同じ瞬間に新年を祝う、クリスマスを祝うと言う事は無理でしょう。
時間の共通化が可能だとしたら、それは宇宙空間に限られる事であります。

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 国際化の意味を履き違えるべからず! | ホーム | 英語教育は自己責任で >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP