FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本滞在を望む者こそ、潔白証明をせよ

China free


みなさんおはようございます。まずは引用文からご覧ください。

一家は埼玉県蕨市で暮らしている。36歳の夫は、内装解体会社で後輩に仕事を教える立場になった。38歳の妻は専業主婦。13歳の娘は、音楽の部活動に打ち込む中学一年生だ。
どこにでもいそうな3人家族。フィリピン人のカルデロン一家である。
一家は17日に強制送還されるかもしれない。両親が90年代前半に、それぞれ偽造旅券を使って入国したからだ。
妻は06年に不法在留で逮捕され、執行猶予付きの有罪となった。昨年9月には一家の国外退去処分が確定した。
退去処分になっても、家族の事情や人道的配慮から法相が滞在を認める制度がある。この在留特別許可を一家は求めたが、認められなかった。
法務省の姿勢はこうだ。きわめて悪質な不正入国だ。十数年滞在した事実はあるが、他の不法滞在者への影響を考えると厳格な処分で望むべきだ。裁判所の退去処分を認めている。
法律論はその通りだ。だが、だからと言って子供の幸福をないがしろにしていい訳はない。
彼女は日本で生まれ育ち、日本語しか分からない。「母国は日本。家族とも友達とも離れたくない」と言う。
同じようなケースで、子供が中学生以上だった場合には在留が認められた事がある。「処分が出たときには長女は小学生。中学生になったのは訴訟で争ったからで、すぐに帰国した人との公平さを欠く」と言う法務省の説明に、説得力はあるのだろうか。
法務省も、近所の親類に預ける事を前提に長女だけに在留許可を出し、両親が会いに来る時には再入国を認めるとの案を示した。そこまで配慮できるるのなら、森法相はいっそ一家全員に在留特別許可は出せない物か。
彼女の望みをかなえることが、日本社会に不利益を及ぼすとは思えない。
著所の学校の友人や地域住民からは、一家の残留を求める嘆願書が約2万人分も集まっていると言う。蕨市議会は「長女の成長と学習を保障する見地から一家の在留特別許可を求める」との意見書を採択した。
一家は既に地域社会を構成する隣人として認められ、職場や地域に充分貢献している。一人娘は将来、日本を支える1人になってくれるはずだ。
日本に不法に残留する外国人は約11万人さとれる。日本社会に溶け込み、いまさら帰国しても生計が立たない人々は多いだろう。在留特別許可も年1万件前後認められている。
日本社会では既に外国人が大きな担い手になっている。今回のようなケースはこれからも起きるだろう。今の入管行政でそれに対応できるのか。社会の一員として認めるべき外国人は速やかに救済する。そんな審査システムを作ることが検討されている。(引用ここまで。3月12日分)

所詮、彼らはおのれの身分をたばかって勝手に入国した犯罪者ファミリーに過ぎないのです。彼らはおのれの利益専一で存在しているのに過ぎず、日本社会に充分溶け込んでいると言っても、それ自体がある意味彼らの目的だったのですから、不自然な事でもありますまい。
たとえば、盗んだお金を元手にしてまじめに商売を始めたとしたら、その人を掛け値なしに善人としてみなして良いのですか。彼らの立場はそのような物なのです。
彼らが善人かどうかに関しては、彼ら自身が日本に定住したいと言う以上は、彼ら自身が潔白証明をすべき事であって、こちら側が詮索してやるべき事ではありません。われわれの側としては、どうしておのれ自身の身分をたばかった人間を善人として認められましょうか。要するにそれは詐欺であって、最悪の事態になっても、悪事をなしたのは自分ではなく、公表した名前に相当する人間(要するに他人)だと言いぬけできる逃げ道をあらかじめ用意していたのです。
彼ら自身が潔白であるのであれば、正規の手続きを以って入管を通過すればよかっただけであって、それをしなかった者に対して同情をするという事は、後々そうした同情を買うことを前提に始めからいんちきを行う者を創出することに他なりません。
この事で、もし日本の側が非難を受ける事があるとしたら、犯罪者に劇甘である事を示し、かつ、外国をろくでも国家と見下した事でしょう。

不法滞在者は全員出て行け! クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 国籍法改悪反対! - ジャンル : 政治・経済

<< 韓国抵抗運動馬鹿列伝・番外編 | ホーム | 子供も同罪! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP