FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

自分の意志から始まった事だから

China free


みなさんおはようございます。今日は比較的新しい戦争映画であります、「デスミッション・怒りの戦場」をネタにして行きます。

この作品は海兵隊を中心とした内容で、戦闘場面は中東にある、ジェマールと言う架空の国家を舞台とした、反米テロリスト相手の物となっています。
さて、ここで特に着目すべきは、アメリカの基地での場面です。2人の新兵を歓迎する非公式の式典です。Tシャツの上から、海兵隊バッジを押し付ける場面があります。主人公バーンズ曹長(テレビ東京の吹き替えでは軍曹)の「焼印を押してやれ」の掛け声の下、先輩海兵隊員たちがめいめい、親指、こぶし、頭を使って、2人の新兵の海兵隊バッジを押していきます。当然、こんな事をすれば、新兵の胸にバッジのボルトが食い込んで痛い思いをしなくてはなりません。出血もして、Tシャツが赤くにじんで来ました。
そうした状態で、さらに新兵たちはヘルメットに並々と注がれたビールを飲み干さなくてはいけません。ですが、これが式典である以上、新兵たちは弱音を吐いてはいけません。むしろ、自身が一人前の海兵隊員であると誇示する場面と理解して、あたかも痛みなどないかのごとく振る舞い、ビールを飲み干して雄叫びを上げたのでした。
新兵にしてみれば、自分で選んだ海兵隊の道ですから、そのような痛い思いも、進んで乗り越えなくてはいけない事だと理解した訳なのです。
これから出される教訓としては、「多文化共生」なんて代物はあってはならないと言うことです。日本にやって来る外国人は自分の意志で日本に来る訳ですから、当然、日本の流儀と言う物を優先的に理解すべきと言う事です。

多文化共生反対! クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

<< ここは姦酷 | ホーム | 日本国籍以外の選択はろくでも選択か >>


コメント

ハメて39万もらった(笑)

ツレがマジですごい言ってたから試してみたら、本当にハメまくって稼げた(爆笑) 昨日も三発中に出して39万もらったし(笑)

http://KrG.krieh.com/-shv.html

ハメて39万もらった(笑)

ツレがマジですごい言ってたから試してみたら、本当にハメまくって稼げた(爆笑) 昨日も三発中に出して39万もらったし(笑)

http://OvR.krieh.com/cnJs.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP