FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

追い出しで結構!

みなさんおはようございます。今日も早朝は相当な大雨でしたが、今の時点ではかなり弱くなっていて、しばらくすればやんでくれるでしょう。

雇用対策の一環として、失業した日系ブラジル人やペルー人の希望者に帰国費用の一部を負担する帰国支援事業を国が4月から始めた。だが、定住資格による再入国を認めない、との規定があるため、「排外的な「手切れ金制度」だ」との批判が国内外から相次いでいる。
この事業では1人当たり30万円、扶養家族には1人当たり20万円を給付する。雇用保険の受給期間中なら上積みもある。厚生労働省によると、4月の1ヵ月間で1095人が申請した。
ところが国内で最もブラジル人が多く住む浜松市にある支援団体「ブラジルふれあい会」によると、失業状態でも敬遠する人がほとんどだと言う。厚労省の発表では「支援を受けた者は、当分の間、同様の身分に基づく在留資格による再入国を認めない」と書かれているからだ。
批判は海外からも相次ぐ。
ブラジル国営通信によると、ルピ労働相は4月27日、「両国の歴史的関係にそぐわない」と見直しを求める書簡を日本政府に送った。英BBCのポルトガル語版や米ニューヨーク・タイムズ紙も、批判的な論調で報じた。
厚労省は「当分の間」とした事について、「経済動向が不透明なためだ。日系人には手厚い支援をしており、帰国支援ばかり言及されるのは残念だ」。法務省は「希望者に渡すので追い出すためではない。安定した生活を送れない以上、少なくとも支援事業が続いている間は定住資格での入国は認められない事になる」と言う。
同様の制度を設けたスペインでは入国制限は3年間だ。またチェコでは制限を設けない代わりに、入国審査を厳格化しているという。
在日ブラジル人社会に詳しい日系三世のアンジェロ・イシ武蔵大准教授(社会学)は「スペインのように期限を明示すべきだ。高齢者や本当に困った人に一定の需要はあるだろうか。受け取る前に熟考した方がいい」と言う。「昨年、ブラジル移民100周年を祝った際、日本政府が日系人を両国交流の柱と賞賛したのはきれいごとだったのか」と疑問を投げかける。(引用ここまで。5月8日分)

ブラジル政府はまず以って、彼らが自国民だと言う事を改めて自覚すべし。もっと自力で「自国民」の救済を考えたらいかがですか。この種の批判は、始めから日本に依存する事を前提にして、それが当然であると言う思い込みから始まっているのですよ。
よく、南米の場合はかつての移民を引き合いに出すようですが、移民は現地に帰化するわけですから、そこには政府の思惑もあるでしょう。そして、それらの子孫は紛れもない現地国民である訳ですから、ブラジルなりペルーなりの政府が面倒を見ると言うのが筋であります。
これに対して日本に出稼ぎに来ている日系人と言うのは、単なる出稼ぎでしかなく、それらは個々の企業の思惑から生じた結果でしかありません。それによって、望んだとおりの利益を引き出すのは企業の方であって、不都合が生じた時に限って国が援助を強いられると言うのは少なからず理不尽じゃないでしょうか。

出稼ぎ外国人はありがたく思って帰国すべし! クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

<< ナンセンスな加虐行為② | ホーム | 他力本願的な国籍取得をするな! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP