FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

外国人労働者に物申す

今日は横浜市都筑区へ行ってきました。かの地は遊歩道が選り取り見取り←なんちゅう表現じゃい(^0^;) でして、一応ロードマップを参考にして、順路を設定したつもりでしたが、結局の所が、かなりフィーリングで歩く場所を決めて、仲町台を起点に一周と言う形で終わりました。
では本題行きましょう。

日本で働く外国人労働者で、失業したのにもかかわらず、頑として日本に居座る人の中には「日本の経済に貢献してきた」とか「国に帰っても職はない」などと主張する人がいます。いかがな物でしょうか。
日本経済に対する貢献なんぞと言う言葉はたかが一労働者ごときが安易に口にする言葉ではありますまい。大局的に言うならば、別段、その外国人労働者でなくとも、日本人でも事足りたと言うケースは少なくなかったでしょう。
そのようなきれい事を言うのであれば、帰国して自国の経済に貢献してはいかがでしょうか。彼らは往々にして、日本企業は自分らをご都合主義的に切り捨てる非情者のごとき恨み言を口にするようですが、自国の会社に勤めない彼ら自身はどうなのでしょうか。自国の兵役よりも傭兵をやった方が金になると言う発想と変わりはないと思います。
いにしえから、傭兵なんて代物はいくさがあった時だけの臨時雇いでして、いくさが終わったら用済みになるのが常でした。それだけにいくさのプロと言うよりは、売春婦と同様、古い歴史があるとは言え、社会的にはステイタスの高い職業とは言えませんでした。
話は戻りまして、国に帰っても職はないと安易に言うのも感心いたしません。所詮我々にとって、彼ら外国人の祖国はよその事でしかありませんが、彼ら自身にとっては紛れもない祖国なのです。国に働きかけるなりして、自国の発展を意識したらどうでしょうか。そうした努力もろくにしないで、きれい事を口にしたり、差別だなどとは言わないで欲しいです。

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 社会問題 - ジャンル : ニュース

<< 元残留孤児に物申す | ホーム | 外国人学校の支援は本国政府にやらせるべし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP