FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

元残留孤児に物申す

今日はあいも変わらずの曇天です。梅雨前線がしつこく居ついているからです。まあ、それはさておき、本題行きましょう。

新支援策1年
中国残留日本人孤児の代表12人らが9日、舛添要一厚生労働大臣と面会、「尊厳の持てる老後生活」を目指し昨年4月から実施されている新支援策について意見交換した。舛添厚労相は、自治体で新支援策の精神が体現されていない現状があるとして「努力していきたい」と語った。評価する声が多いが、課題も浮かび上がる。(引用ここまで。後、省略。7月10日分)
札付きの反日国家たる中国が、こうした残留孤児を「帰国」させてくれた事に関して、何かしらの魂胆があるかは知りませんが、それは別としても、わたしは、こうした事に関して少なからず違和感を持っています。
現実に、こうした人たちは、終戦直後に現地の里親に引き取られて育った人がほとんどなのでしょう。生まれが日本とは言え、物心付いた時には中国人として順応できたのではないのでしょうか。そうした暮らしが当たり前の物として育ってきたのではなかったのでしょうか。
わざわざ一から日本語を習ったりする事を前提に日本で暮らす必要があるのでしょうか。長年暮らし慣れた中国で余生を送るべきではないのでしょうか。
ましてや、現地女性と結婚した人の場合、夫婦で日本に移住しています。日本人たる本人ですら、少なからず日本は異なる環境の国であるのに、何の縁のない夫人に到ってはなおの事ではないでしょうか。夫人までもが異なる環境で苦労しなくてはならないかも知れない事には何の配慮もないのでしょうか。却って中国で暮らした方が、そうした苦労を背負わずに済むはずではないでしょうか。
フィリピンの場合でも、ノリコ・カルデロンさんが、日本生まれだからで日本にシンパシーを持つのであれば、フィリピン生まれの人ならば、同様にフィリピンに対してシンパシーを持って、安易に日本移住を考えるべきではありません。
マスコミは往々にして、こうした人たちに対して同情的であって、日本定住ができるようにしてやるのが人道支援のように決めてかかっているようですが、その根拠は、これらの国が日本よりもレベルが低い貧しい国だという認識から成り立っているのに過ぎないでしょう。
もし、同じ条件にあった人が今、アメリカにでも住んでいるのならば、まずアメリカを捨てて日本定住を欲するなんて事はありえないのですよ。アメリカも日本同様、第三世界の人たちがいんちきをしてでもいつこうと欲する高水準の国なのですからね。

元残留孤児は単に、より良い条件を求めて日本定住を欲したのに過ぎない! 
クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 社会問題 - ジャンル : ニュース

<< 外国人研修生について | ホーム | 外国人労働者に物申す >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP