FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ファシズムの定義③

みなさんおはようございます。今朝は相当な雨状態であります。でも、休みにつき、ブログの更新といきましょうか。今回は「ファシズムの定義」をお送りいたします。
俗に、昭和の初期の日本は軍部独裁と言う、一種のファシズム状態にあったかのように言われていましたが、軍部独裁をファシズムと称する事は、天皇制ファシズムと言う主張同様馬鹿げた物だし、また、あれを軍部独裁などとと言うのも、認識不足ではないでしょうか。
すでに述べたように、よしんば天皇制が民主主義に反する専制体制だとしても、君主制自体がいにしえからそうした事は周知の事でしょう。軍部独裁にしても、軍隊自体が、最も基本的な権力執行機関である以上、軍隊を握る者が政治権力を握ると言う事はいにしえからあった事です。
つまり、いずれにしても、それらをファシズムと称するのであれば、いにしえからファシズムがあったと言うのですか、と言う矛盾に出くわす事になるでしょう。
また、昭和初期はなるほど軍部の発言力が強くなっていた時代ではありますが、さりとて、軍部独裁と言えるほどの物かと疑問があります。大体、独裁と言うからには、特定の人物が長期権力を握るという前提があるべきなのですが、満州事変から終戦までに成立した内閣は十指に余り、独裁と言うよりは、ウァイマル時代のドイツに近いと言うべきではないでしょうか。
ここで、軍部が実権を握っていたから、表面上の内閣の数などは関係ないと思う人もいるでしょう。しかし、この時期ならずとも、軍人が総理になると言うケースが少なくない事はどう解釈したら良いでしょうか。そうした軍人内閣ですらも、短命で終わった事も少なくないのですよ。
よその国では、クーデターで将軍が総理や大統領になるケースがあり、その場合、同一人物が長期、その地位に就くと言う事は当然でしょう。また、第二次世界大戦当時でも、将軍がそうした地位に就く事を禁止していない国がほとんどでした。禁止していたのは英米くらいでしょうか。
よその、穏健的な力によって選ばれたのならば、よしんば将軍と言えども、そうした枠の中でしか権力の行使ができない訳で、場合によっては短命に終わる事も不思議ではありますまい。
では、長くなりましたので、次回に続きをお送りします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< ご存知大姦民酷 | ホーム | 日本はまだまだ外国人犯罪に甘いぞ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP