FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

燃費の良いエンジンを開発したら?

(*^∇^)/ どんもーこんにちは。なんか今日は、午後から晴れてきましたねぇ。昨日も案外、晴天でして、こんな事なら昨日は長袖で行くべきだったと思っております。ちなみに、昨日は三鷹のまがい物展示展に対する抗議活動に行ってきました。同じ場所にとどまって6時間も抗議を行うと言う新体験の1番の懸念はおしっこに行きたくなっても、近場に公園があって、すぐに戻ってこれると言う条件になかった事でしたが、意外と、その必要がありませんでした。どうやらおしっこは皮膚から出てしまって、しかるべき所から出す必要がなかったと言う訳ですな。

燃費の悪い中古車から新車に買い換えると、政府から助成金がもらえます。そんな制度が今週、米国で始まった。燃費の良いエコな車を増やす地球温暖化対策の一環で、滑り出しは好調だという。
「自動車引当金払戻制度」と言い、英語の頭文字を取ってCARSと呼ばれている。対象になるのは84年式以降で、燃費が1ガロン当たり18マイル(1リットル当たり7.6キロ)以下と言う、ガソリンがぶ飲み車。燃費の良い新車に買い換えるか新車のリースを受けると、最高4500ドル(約43万円)もらえ、購入、リース代金に当てられる仕組みだ。
ガソリンがぶ飲み車が中古車となって再び市場に出回ることを防ぐため、破砕する事などが義務付けられている。
この制度は11月1日まで、予算10億ドル(約950億円)のうち約1割が既に使われた予算が底をつくと早めに終わるので販売店に希望者が詰め掛けている。
しかし、84年式より古い本当のポンコツ車は対象外。自動車業界救済の色合いもあるが、「燃費の良い車を造る日本メーカーを利するだけ」との声も出ている。(引用ここまで。7月30日分)
はっきり言って、アメリカは燃費の良いエンジン造りにいそしんだ方がいいんじゃないですか。どうも、アメリカ人の生活自体がエコに矛盾していると思うのは偏見でしょうか。車の性能で後れを取っている事を度外視して、都合が悪くなってから「ジャパンパッシング」に出くわしたくないですからね。

エコがエゴにならないように。クリックお願いします。<(_ _)>
クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< ファシズムの定義④ | ホーム | わがまま外国人に対する配慮は無用! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP